Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Google Cloud Platform での Control Room のインストール

  • 更新済み: 5/08/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise

Google Cloud Platform での Control Room のインストール

Google Cloud Platform (GCP) サーバー インスタンスに管理者としてログインします。次に、Control Room インストーラーをダウンロードして開始し、カスタム モードを選択します。

注: ここに示すインストール手順は、考えられるすべてのシステム要件と構成を考慮に入れたわけではないため、お使いの環境での手順とは異なる可能性があります。Automation Anywhere では、これらの手順がお客様に固有の構成に適合することを保証するものではありません。
ステップ 1: インストールの準備
ステップ 2: Google Cloud Platform インスタンスのインストールの準備をします。
Control Room 要件に加えて、Google Cloud Platform がこれらの要件を満たしていることを確認します。
ステップ 3: Google Cloud PlatformControl Room インストールをカスタマイズします。
Control Room クラスターに必要なカスタマイズされた構成を Google Cloud Platform にインストールして適用します。
ステップ 4: Control Room 設定と検証を完了します。
Control Room インストール後の設定
Control Room をインストールした後で、タイムリーな Automation Anywhere コミュケーションが指定されるように構成設定を完了し、Automation Anywhere サービスが実行され、Access Manager リバース プロキシと Control Room 認証オプションが設定されていることを確認して、ライセンスをインストールします。
Control Room インストール後の検証
Enterprise Client をインストールし、インストール後のタスクを完了した後で、Control Room にログインしてライセンスをインストールすることで Enterprise Client を検証します。Control Room に初めてアクセスすると、認証方法の設定手順が表示されます。
ステップ 5: ユーザーの準備を行います。
ユーザー管理の概要
Control Room 管理者として、ユーザー アカウントを作成、表示、編集、削除、有効化または無効化することができます。ユーザー アカウントの作成は、非 Active Directory か、Active Directory か、それとも IdP サーバーからのシングル サインオン (SSO) 資格情報かによって異なります。
Enterprise Client をインストール
サポートされたオペレーティング システムで実行するマシンで Enterprise Client をインストールするための、インストールの主要なタスクとトピックを確認します。
フィードバックを送る