Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Microsoft Azure でのインストール後の設定の構成

  • 更新済み: 5/08/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise

Microsoft Azure でのインストール後の設定の構成

Control Room のインストールが完了したら、Microsoft Azure Portal を使用してクラスターを構成します。

前提条件

Microsoft Azure での Control Room インストールのカスタマイズ」のインストール手順をまだ実行していない場合は、実行します。
注: ここに示すインストール手順は、考えられるすべてのシステム要件と構成を考慮に入れたわけではないため、お使いの環境での手順とは異なる可能性があります。Automation Anywhere では、これらの手順がお客様に固有の構成に適合することを保証するものではありません。
このトピックでは、Control Roomのインストール後に必要な構成手順について説明します。Azure Portal を使用して、Windows 資格情報、Control Room のリポジトリと URL の設定、Credential Vault のマスター キー、Active Directory 認証、その他必要に応じて SVN および SMTP 設定を構成します。

手順

  1. SMB ファイル共有が設定されている Azure Portal から、接続文字列を取得して次のパラメーターを確認します。
    1. インターネットアドレスまたはネットワークアドレス
    2. ユーザー名
    3. パスワード
  2. Control Room サーバーで Windows 資格情報マネージャーに移動し、Windows 資格情報の追加 をクリックします。
  3. 資格情報を入力します。
    注: クラスター環境 (Control Room、Client およびデバイス) でのテストに使用するすべてのサーバーの Windows 資格情報マネージャーで、ユーザーの追加を繰り返す必要があります。
  4. 情報を入力し、[保存して続行] をクリックします。

    リポジトリ パスが SMB ファイル共有から抽出され、Control Room アクセス URL にはロード バランサーのパブリック IP が指定されています。

  5. マスター キーをコピーして保存します (サービスの再起動時に必要となります)。
  6. エクスプレス モードを選択し、[保存して続行] をクリックします。
  7. URL、ドメイン ユーザー名、パスワードなど、Active Directory 認証の構成情報を入力し、接続をチェック をクリックします。設定が正しい場合は、次へ ボタンをクリックします。
  8. 既存の AD ユーザーを入力し、Active Directory で名前を確認 をクリックします。確認したら、[保存してログイン] をクリックします。
    必要に応じて追加のユーザーを作成し、対応するユーザーをControl Roomで作成します。
  9. オプション: クラスターでその他の Control Room ノードのインストールを続行します。
  10. SVN サーバーで、/opt/bitnami/apache2/conf/httpd.conf ファイルのリポジトリ パスを "subversion" から "subversion/repo" に変更し、以下の変更を行ってください。
    1. 新しいリポジトリを作成して、httpd.conf → SVNPath sudo mkdir /opt/bitnami/repositories sudo svnadmin のパスを更新します。
    2. /opt/bitnami/repositories/aaerepo sudo chown -R bitnami:bitnami /opt/bitnami/repositories を作成します。
    3. 以下のコマンドを使用して、基本認証用のユーザーを作成します (Apache 構成の httpd.conf の Location タグで Subversion の AuthType として Basic を指定します)。
      • AuthName "Subversion repository"
      • AuthUserFile /opt/bitnami/repository/users require valid-user
      • SSLRequireSSL
    4. 個々のユーザーを追加します。sudo /opt/bitnami/apache2/bin/htpasswd -c /opt/bitnami/repository/users aaeuser cd /opt/bitnami/apache2/conf Edit httpd.conf and update the svn path <Location /subversion/repo> DAV svn SVNPath "/opt/bitnami/repositories/aaerepo"
    5. 保存
    6. Subversion と Apache を再起動します。
    7. リポジトリが書き込み権限で追加されていることを確認します。

      Control Roomで SVN の登録に成功すると、設定の概要画面が表示されます。

  11. SMTP の登録を行います。
    注: 展開で使用できるように、実際の SSL 証明書を使用することをお勧めします。

    これで Microsoft Azure での Control Room のインストールは完了です。

次のステップ

Control Room 設定と検証を完了します。

Control Room インストール後の設定
Control Room をインストールした後で、タイムリーな Automation Anywhere コミュケーションが指定されるように構成設定を完了し、Automation Anywhere サービスが実行され、Access Manager リバース プロキシと Control Room 認証オプションが設定されていることを確認して、ライセンスをインストールします。
Control Room インストール後の検証
Enterprise Client をインストールし、インストール後のタスクを完了した後で、Control Room にログインしてライセンスをインストールすることで Enterprise Client を検証します。Control Room に初めてアクセスすると、認証方法の設定手順が表示されます。

ユーザーの準備

ユーザー管理の概要
Control Room 管理者として、ユーザー アカウントを作成、表示、編集、削除、有効化または無効化することができます。ユーザー アカウントの作成は、非 Active Directory か、Active Directory か、それとも IdP サーバーからのシングル サインオン (SSO) 資格情報かによって異なります。
Enterprise Client をインストール
サポートされたオペレーティング システムで実行するマシンで Enterprise Client をインストールするための、インストールの主要なタスクとトピックを確認します。
フィードバックを送る