Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ドメインのドロップダウン リストが空の場合

  • 更新済み: 5/07/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise

ドメインのドロップダウン リストが空の場合

Control Room ログイン ページのドメイン ドロップダウン リストで、ドメインが設定されていない場合のトラブルシューティング手順です。

この問題は、キー配布センター (KDC) サーバーのいずれかが応答しない場合に発生し、長い遅延が発生します。Control Roomが Active Domain 認証として構成されていますが、アップグレード後に Control Room ログイン ページのドメイン ドロップダウン リストにドメインが追加されていない場合は、次の手順に従ってエラーを修正します。

手順

  1. 次の Control Room サービスを停止します。
    • Control Room キャッシング
    • Control Room メッセージング
    • Control Room サービス
    • Control Room リバース プロキシ
  2. お客様の環境で Control Room がインストールされているフォルダー内にある、um.properties ファイルをコピーします。
    デフォルトのファイル パスは C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\config\um.properties です。
  3. 管理者としてコピー ファイルを開きます。
  4. すべてのドメイン/フォレスト用に KDC リストを取得します。
    KDC は、ユーザー/コンピューターから Kerberos チケットを提供するドメイン コントローラです。
    1. コマンド プロンプトで、次のコマンド例を実行します。domain.com を Control Room ドメインに置き換えます。
      nslookup -type=srv _kerberos._tcp.DOMAIN.COM
    2. 出力行から、svr hostname = で始まる各ドメインの KDC を見つけます。
    3. ファイルの末尾に次のエントリ例を追加し、domain1.com と domain2.com をドメイン名に、ならびに host1、host2、host3 を各ドメインの KDC に置き換えます。
      um.ldap.kdcs='domain1.com:host1.domain1.com:host2.domain1.com:host3.domain1.com,domain2.com:host4.domain2.com:host5.domain2.com'
      注: ドメインでは、最初のトークンの後に、1 つ以上の KDC をコロンで区切ったものと各ドメインをカンマで区切ったものを続ける必要があります。
  5. ファイルを保存して閉じます。
  6. 次の Control Room サービスを開始します。
    • Control Room キャッシング
    • Control Room メッセージング
    • Control Room サービス
    • Control Room リバース プロキシ

次のステップ

Control Room がクラスター環境で実行されている場合は、各ノードでこれらの手順を繰り返します。
フィードバックを送る