Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

サービス資格情報の設定

  • 更新済み: 5/08/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise

サービス資格情報の設定

Control Room インストーラーから [サービス資格情報] ウィザード ページに進みます インストール ウィザードのこの部分では、Automation Anywhere インストーラーによって作成される Windows サービスを実行するために使用するユーザー アカウントを指定します。

手順

  1. サービス資格情報画面が表示され、オプションをリストから選択できるようになります。

    Windows サービスには、ユーザー名とパスワードが含まれています。指定されたユーザーには次の点が必要です:

    • ローカル システム管理者グループのメンバーである。
    • Automation Anywhere サービスを含む、サービスを管理する権限がある。
    • Control Roomサービスのエラーを回避するには、Windows サービス アカウントが常に [管理者] グループに含まれているようにします。
    • Microsoft Azure インストールには、サービス アカウント ユーザーは、リモートの Microsoft Azure リポジトリ共有パスに読み取りや書き込みアクセスが必要です。

    これらのサービス資格情報は、データベース テーブルを作成するために使用され、Control Room プロセスがデータベースとリポジトリにアクセスすることを許可します。

    • ローカル システム アカウント—(デフォルト) インストールを実行しているログオンしているユーザー。
    • ドメイン アカウント—ローカル システム アカウント ユーザーでないユーザーを指定します。
      1. [ローカル システム アカウント] チェックボックスをオフにします。
      2. ドメイン アカウントにユーザー名とパスワードを入力します。
        Attention: サービス認証パスワードに、スペース、セミコロン (;)、パーセント (%)、バックスラッシュ (\\) を含めることはできません。また、最初の文字をマイナス記号 (-) またはスラッシュ (/) にすることはできません。また、少なくとも 1 つのアルファベットを含める必要があります。Control Roomインストール前にパスワードを変更してください。

      ドメイン アカウント ユーザーを使用する理由と要件は、次のとおりです。

      • Windows ドメインの資格情報を使用しないでください

        Automation Anywhere サービスを実行する有効な資格情報を入力します。そうでなければ、Control Room が起動しません。

      • PowerShell スクリプト制限

        Windows ドメイン ユーザーではない、PowerShell スクリプトを起動する権限を持つユーザーを指定すると、データベース テーブルの作成は失敗します。

      • データベースを作成するためのリモート PostgreSQL Server

        ドメイン ユーザー アカウントを指定します。データベースの作成にリモート データベース サーバーを使用している場合は、サービス資格情報にローカル システム アカウント ユーザーを使用しないでください。

        データベースおよびサービス マトリックス.

  2. [次へ] をクリックし、データベース タイプとサーバーを設定します。
フィードバックを送る