Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot Insight データベースの設定

  • 更新済み: 5/08/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • Bot Insight

Bot Insight データベースの設定

Version 11.3.1Control Room インストーラーから [データベース タイプ] ウィザード ページの Bot Insight データベース部分に進みます。インストール ウィザードのこの部分で、Bot Insight メタデータのデータベース タイプを設定します。

  • Microsoft SQL Server データベースが Control Room データ保存用に選択された場合: Microsoft SQL Server または PostgreSQL Server のいずれかを選択します。
  • Oracle Server データベースが Control Room データ保存用に選択された場合: 選択肢は PostgreSQL Server のみです。
  • サービス資格情報の設定 で設定したデータベース権限は、Bot Insight データベースの作成に適用されます。Automation Anywhere Enterprise のバージョンに応じて、Microsoft SQL Server ユーザーまたは PostgreSQL Server ユーザーには、

    データベース オーナー (DBO) の権限が必要です。

手順

  1. Version 11.3.1 Bot Insight のメタデータを保管するには、PostgreSQL Server または Microsoft SQL Server データベースのいずれかを選択します。
    注: Microsoft SQL Server オプションは、Oracle データベースでは使用できません。
    • PostgreSQL Server
      PostgreSQL Server を選択して、Bot Insight メタデータ データベースを確立します。これは Control Room データベースの確立を前提としています。
      1. [次へ] をクリックして、PostgreSQL Server のホスト名、ポート、データベース、ユーザー名、パスワードの詳細を設定します。
      2. Bot Insight の [PostgreSQL の設定] ページで、[PostgreSQL Server をインストール] チェックボックスをオンにします。PostgreSQL Server がインストール済みである場合は、このオプションをオフにして以下の項目を入力します。
        ホスト名
        PostgreSQL Server のホスト名を入力します。デフォルト名は localhost です。
        ポート
        PostgreSQL Server のポート番号を入力します。デフォルトのポート番号は 5432 です。
        データベース
        Bot Insight で使用するデータベース名を入力します。デフォルトのデータベース名は zoomdata です。
        安全な接続を使用
        PostgreSQL Server データベースで安全な接続を使用する場合は、このオプションを選択します。
        ユーザー名
        PostgreSQL Server データベースのユーザー名を入力します。デフォルトのユーザー名は postgres です。
        パスワード:
        PostgreSQL Server データベースのパスワードを入力します。
        Attention: PostgreSQL Server 認証パスワードは空白にできません。また、アンダースコア (_)、アットマーク (@)、ドル記号 ($)、ハッシュタグ (#) などの特殊文字のみを含める必要があります。以下の特殊文字はサポートされていません。Control Room インストール前にパスワードを変更してください。
        パスワードを確認
        これは [PostgreSQL をインストール] オプションを選択した場合のみ表示されます。
      注: PostgreSQL Server オプションを選択した場合は、[ホスト名] および [安全な接続を使用] フィールドが無効になり、デフォルト値が設定されます。
    • Microsoft SQL Server

      このオプションを選択すると、Bot Insight の 4 つのデータベースが作成されます。このデータベース名は変更できます。4 つのデータベースは次のとおりです。

      BIVisualization
      Bot Insight メタデータを格納するデフォルトのデータベース。
      BIVisualization-keyset、BIVisualization-scheduler、BIVisualization-upload
      ダッシュボード構成情報の保存用
  2. [次へ] をクリックすると、Control Room のインストール手順が完了し、任意で 「インストールの概要ページ」が表示されます。
フィードバックを送る