Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IP クラスターの設定

  • 更新済み: 2/01/2021
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise

IP クラスターの設定

Control Room インストーラーから [クラスター設定] ウィザード ページに進みます。インストール ウィザードのこの部分では、単一または複数ノード(高可用性)で Control Room を構成するためのシステム IP アドレスを設定します。

前提条件

IP クラスター用に構成するすべてのノードは、インストール前の設定で利用可能になっている必要があります。また、これらのノードに Control Room をインストールするときに、クラスターに参加するすべてのノードで同じ IP のリストを指定します。

手順

システム IP アドレスを設定するには、次の手順に従います :

  1. クラスターのセットアップを有効にする
    インストールを実行するマシンにローカル IP アドレスが構成されている場合は、このチェックボックスがデフォルトでオンになります。
    クラスターなしで Control Room をインストールする場合は、[クラスターのセットアップを有効にする] チェック ボックスをオフにします。
  2. クラスターのノードの IP アドレスを入力します。
    • クラスタ内の IP アドレスをリストにします。
    • 複数の IP アドレスを指定する場合は、カンマ (,) で区切ります。たとえば、クラスター内で 3 つの IP アドレスを指定するには、次のように入力します : 192.0.2.0,192.0.2.1,192.0.2.3.

      リストに表示された順序でノード上の Control Room をインストールします。各ノードで IP アドレスが同じ順序で入力されていることを確認します。この順序は後で変更できません。IP アドレスが同じ順序で入力されていないと、インストールに失敗します。

    • 一覧表示された IP アドレスと同じ順序でクラスター ノード上の Control Room をインストールします。

      すべてのクラスター ノードに同じバージョンの Control Room がインストールされていることを確認します。

    • 新しいノードが追加された場合は、そのノードを IP アドレスのリストの最後に追加します。例: ipaddress1、ipaddress2、newipaddress3
    • [クラスターのセットアップを有効にする] をオンにして、IP アドレスを入力しなかった場合は、エラー メッセージが表示されます。
    • 無効な数字や文字を入力すると、エラー メッセージが表示されます。
    重要: 設定の完了後、ノードは IP アドレスのリストから削除できません。
  3. [ローカル IP] ドロップダウン リストから IP アドレスを選択します。
    マシンに複数のローカル IP アドレスが構成されている場合は、Control Room がインストールされている IP を選択します。
    選択したローカル IP アドレスは、その他のノードが Control Room にアクセスするときに使用されます。
  4. [次へ] をクリックして、アプリケーション Elasticsearch 資格情報を構成 を構成します。
フィードバックを送る