Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room インストール ウィザードのチェックリスト

  • 更新済み: 7/21/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise

Control Room インストール ウィザードのチェックリスト

Control Room インストーラー ウィザードの実行時に表示されるフィールドとオプションのリストに応答を入力できるよう準備します。

ウィザード フィールドまたはプロンプト 決定オプション
インストーラーの起動前

Control Room バージョンを互換性を確認します。

バージョンが バージョン11.3 より古い場合は、Control Room をアンインストールします。
注: 同じバージョンに上書きインストールする場合、インストールは続行されません。
再頒布可能エレメントをインストール

Visual C++

Microsoft OLEDB driver for Microsoft SQL Server

いずれか、または両方を承諾または除外します。
エクスプレス

デフォルト パラメーターを使用したクイック インストールを行う場合に選択します。

Control Room をエクスプレス モードでインストールするときに使用されるデフォルト パラメーターについては、「エクスプレス モードを使用する Control Room インストール」をご覧ください。
カスタム

インストール オプションを設定する場合とデータセンター デプロイの場合に選択します。

カスタム インストール モードでは、IP クラスタリング、トランスポート レイヤー セキュリティ (TLS)、サービス資格情報、データベース情報、認証局、その他の関連構成を設定できます。

AWSMicrosoft AzureGoogle Cloud Platformなど、物理プラットフォーム以外のインストール オプションでは、カスタム インストールが必要です。

宛先フォルダーを選択

デフォルト C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\

デフォルトを承諾または新しい保存先フォルダーを作成します。
クラスター: クラスターのセットアップを有効にする

このチェックボックスは、インストール マシンで IP アドレスが構成されている場合にデフォルトで有効になります。

クラスターなしで Control Room をインストールする場合は、このチェックボックスをオフにします。

チェックボックスをオフまたはオンにします。
クラスター: クラスター IP アドレス

IP クラスター セットアップの IP アドレスを指定します。

有効な IP アドレスを少なくとも 1 つ入力します。

[クラスターのセットアップを有効にする] に表示されるオプション。

クラスター: ローカル IP アドレス

その他の Control Room インストールがこの Control Room との接続時に使用する必要のある、このマシン上で設定されたローカル IP アドレス。

ローカル IP アドレスをドロップダウン リストから選択します。

[クラスターのセットアップを有効にする] に表示されるオプション。

トランスポート レイヤーのセキュリティ: 自己署名証明書

インストーラーによって Control Room 用に一意のプライベート キーと自己署名証明書が生成されます。

カスタム証明書をインポートする場合は、このチェックボックスをオフにします。
トランスポート レイヤーのセキュリティ: 証明書パス

アクセス可能な場所に保存してあるカスタム証明書の場所です。この情報が必要となるのは、カスタム証明書をインポートする場合 ([自己署名証明書] オプションをオフにしているとき) だけです。

カスタム証明書の場所を入力します。
トランスポート レイヤーのセキュリティ: プライベート キー パスワード

プライベート キーのパスワード。

この情報が必要となるのは、カスタム証明書をインポートする場合 ([自己署名証明書] オプションをオフにしているとき) だけです。

パスワードを入力します。
トランスポート レイヤーのセキュリティ: HTTP ポート

Control Room へのアクセスに使用する未割り当ての Web サーバー ポート番号 (非セキュア)。

未割り当てのポート番号を入力します。

トランスポート レイヤーのセキュリティ: HTTPS ポート

Control Room へのアクセスに使用する未割り当ての Web サーバー ポート番号 (セキュア)。
未割り当てのポート番号を入力します。
トランスポート レイヤーのセキュリティ: HTTP から HTTPS へのトラフィックを強制

すべての HTTP ポート リクエストを HTTPS にリダイレクトします。

リダイレクトする場合はチェックボックスをオンにします。
サービス資格情報: ローカル システム アカウント

ログインしているユーザーの資格情報を使用して、データベース テーブルを作成し、Control Room がデータベースとリポジトリにアクセスすることを許可します。

ローカル システム アカウント以外のユーザーを指定する場合は、チェックボックスをオフにします。

サービス資格情報: ドメイン ユーザー名 & パスワード:

ドメイン アカウントの資格情報。

この情報が必要になるのは、ローカル システム アカウント以外のユーザーを使用する場合だけです。
データベース: Microsoft SQL Server または Oracle

Control Room および Bot Insight のデータベース タイプを選択します。

デフォルトの選択肢は Microsoft SQL Server です。

データベース: Oracle

以下の情報を指定します。
  • データベース サーバーOracle Server のホスト名
  • データベース ポートOracle Server のポート番号
  • データベース インスタンス名 – データベースのシステム管理者が Control Room 用に作成した名前。
  • Control Room のクラスター データベースのユーザー名とパスワード - システム管理者が作成。
  • Bot Insightデータベースのユーザー名とパスワード - システム管理者が作成。
  • 安全な接続を使用Oracle Server データベースでセキュア接続を使用している場合に選択します
  • 証明書 - 安全な接続を選択している場合に証明書をインポートします。

Oracle JDBC ドライバーをインストールします。

リストにした情報を提供します。

データベース: Microsoft SQL Server
以下の情報を指定します。
  • データベース サーバーMicrosoft SQL Server サーバーのホスト名
  • データベース ポートMicrosoft SQL Server のポート番号
  • 安全な接続を使用Microsoft SQL Server データベースでセキュア接続を使用している場合に選択します
  • 証明書 - 安全な接続を選択している場合に証明書をインポートします。
  • Windows 認証 - ローカル ユーザーを使用してデータベースが存在することを確認します。
  • SQL Server 認証 - Microsoft SQL Server ユーザーを使用して SQL データベースに接続します
  • Control Room データベース名 - 名前を指定します。
  • Bot Insight データベース名 - 名前を指定します。
リストにした情報を提供します。
Bot Insight: Microsoft SQL Server または PostgreSQL Server

Bot Insight データベース。

Control Room データの格納庫として Microsoft SQL Server データベースを選択した場合は、Microsoft SQL Server または Microsoft SQL Server を選択します。

Control Room データの格納庫として Oracle Server データベースを選択した場合、選択肢は Microsoft SQL Server だけです。

Bot Insight: PostgreSQL Server

以下の情報を指定します。
  • ホスト名PostgreSQL Server のホスト名
  • ポートPostgreSQL Server のポート番号
  • データベースBot Insight データベースの名前を指定します。
  • 安全な接続を使用PostgreSQL Server データベースでセキュア接続を使用している場合に選択します
  • ユーザー名とパスワードPostgreSQL Server データベースのユーザー名。デフォルトは「postgres」です。
リストにした情報を提供します。
フィードバックを送る