Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

HTTPS および CA 証明書のインポート

  • 更新済み: 5/11/2021
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise

HTTPS および CA 証明書のインポート

Control Room をインストールしたら、コマンド プロンプトを使用して HTTPS 用の証明書または認証局 (CA) 証明書をインポートします。

手順

コマンド プロンプトを使用して、安全な接続用に Control Room を構成するための CA または HTTPS 証明書をインポートするには、次の手順に従います。

  1. 管理者モードでコマンド プロンプトを実行します。
  2. コマンド プロンプト ウィンドウで CD コマンドを使用して、Automation Anywhere インストール パスに移動します。C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise
    デフォルトのインストール パスはC:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise です。
  3. プロンプトで次のコマンドを入力するか、貼り付けます。
    • HTTPS 証明書の場合は、次のコマンドを入力します。

      jre\bin\java -jar certmgr.jar -appDir C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise -setServerCert "certificate path\certificate-name.pfx -privateKeyPass password

      例: jre\bin\java -jar certmgr.jar -appDir C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise -setServerCert C:\Users\cradmin\Desktop\crcert.pfx -privateKeyPass Ac_d!#%tH

      Password limitation: 特殊文字 @ をパスワードに使用しないでください。パスワードにこの文字を使用すると、証明書ファイルはインポートされません。
    • CA 証明書 (データベース) の場合:

      1. 次のコマンドを入力します。

        jre\bin\java -jar certmgr.jar -appDir "C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise" -importTrustCert "D:\<user name>\My Downloads\CA31.cer"

        />
      2. 次のパラメーターを、Automation Anywhere のインストール パスの config フォルダーにある boot.db.properties ファイルに追加します。

        C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\config trustServerCertificate=false

  4. Automation Anywhere Control Room リバース プロキシ を再起動します。
  5. IQ Bot がインストールされている場合は、このタスクの手順に従って証明書をインストールします。HTTPS および SSL 証明書の再インストール
フィードバックを送る