Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

災害復旧の準備

  • 更新済み: 10/02/2019
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

災害復旧の準備

サイトに障害が発生した場合に、確実に復旧するために必要となる設定と構成について説明します。

Automation Anywhere をインストールする前に、災害復旧サイトを準備します。
Bot を導入
データ センターの管理者が承認したファイルおよびデータの転送に関する手順に従い、Bot タスク ファイルと参照ファイルを展開します。通常、これらは実稼働サイトとスタンバイ復旧サイトに並行して導入されます。
ハードウェア障害に対する保護
各 DR サイトで複数の Web サーバーをローカル的に展開します。ロード バランシングでサポートし、ローカル ハードウェアの障害から保護するには、アクティブ/アクティブ方式を使用します。
データの破損に対する保護
バックアップ
データベースサーバー、Control Room リポジトリ、設定、タスクファイルで定期的なオンサイトのフルバックアップや毎日のバックアップを実行します。
DR サイト
プライマリとセカンダリの両方の DR サイトに同じストレージ構成を適用します。レプリケーション方式を適用して、プライマリ DR サイトからセカンダリ DR サイトを更新します。サンプル コンテンツでは、Windows 機能である分散ファイル システム (DFS) の使用について説明しています。
環境災害に対する保護
地理的分離
地理的または環境的な災害から保護し、セカンダリー DR サイトで定期的な完全バックアップを実行します。
プライマリ サイト
アクティブなクラスターが常駐する場所です。
復旧
災害時の発生時に、一部のイベントは実行の途中で停止する場合があります。タスク レベルのログ ファイルや他の中間ファイルを取得して、保留中のプロセスの状態を特定します。サンプルのコンテンツでは、SQL Server 2012 AlwaysOn 可用性グループの使用について説明しています。
実稼働のアクティビティを、障害が発生したプライマリ サイトからセカンダリ バックアップ サイトに移行するプロセス。これは DR サイトに適用され、あるサイトから別のサイトへ復旧が行われます。
復旧サイト
プライマリ DR サイトから地理的に離れたセカンダリ (冗長) サイトです。このセカンダリ サイトは、プライマリ サイトのパッシブ/スタンドバイ レプリケーションです。災害発生時のターゲット ロケーションとして指定されます。
フィードバックを送る