Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

高可用性クラスタ構成の概要

  • 更新済み: 6/19/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • 概要

高可用性クラスタ構成の概要

高可用性 (HA) クラスタリングは、ダウンタイムを最小限に抑え、特定のシステム コンポーネントに障害が発生したときに継続的なサービスを提供するために使用される方法です。HA クラスタは、共有データ メモリ グリッドを介して情報を通信および共有する複数のノードで構成されており、高いシステム可用性、信頼性、スケーラビリティを確保する効果的な方法です。

HA クラスター テクノロジーによって、2 つの特定の種類の障害から保護します。
  • アプリケーションとサービスの障害 — アプリケーション ソフトウェアと重要なサービスに影響を及ぼします。
  • システムとハードウェアの障害 — CPU、ドライブ、メモリ、ネットワーク アダプター、電源などのハードウェア コンポーネントに影響を及ぼします。

Automation Anywhere Control Room アプリケーションでは、単一のロード バランサーの下に複数のサーバー ノードを追加して高可用性をサポートできます。さらに、DB サービスおよび SVN サービスなどの重要なサービスをサポートするようにフェールオーバー クラスタを構成できます。

高可用性デプロイ モデル

この障害処理機能により、クラスターは大半のデータセンター環境の一般的な 2 つの要件を満たすことができます。

  • 高可用性 — エンド ユーザーがサービスにアクセスできる高い時間率を維持し、予定外の停止を減らす機能です。
  • 高信頼性 — システム障害の頻度を減らす機能。

Automation Anywhere の HA をサポートするには、データセンター内の選択したコンポーネントを設定します。

  • クラスター コンポーネント — クラスターとは、ネットワークとソフトウェアを使用して接続されたサーバー (ノード) のセットです。HA 環境では、これらのサーバーのクラスターを同じ物理データ センター内に配置する必要があります。
    注: クラスターのコンテキストでは、サーバー、ホスト、ノードという用語はそれぞれ特定の意味を持ちますが、これらはよく同じ意味で使用されます。
  • クラスター グループ (ロール) - クラスター化されたサービス グループは共にフェールオーバーし、相互に依存します。
  • ホスト —サービスをホストしているクラスター マシンです。
  • ノード — クラスター内のマシンの一般的な名前です。
  • プライマリ ノード - 実稼働のアクティビティが実行される HA クラスター内のアクティブなデータベース サービスまたは SNV サービスです。
  • セカンダリ ノード - フェールオーバー時にターゲットとして指定された HA クラスタ内のパッシブ / スタンバイの重複データベース サービスまたは SVN サービスです。
  • グレースフル デグラデーション — サービスが低下したプライマリ サイトでクラスターの依存関係が適切に動作できるようにするプロセスです。
  • 冗長性 — HA クラスターでは冗長性を使用して、サーバーやサービスの障害など、単一障害点 (SPOF) を防止します。HA クラスターには、サービスやデータベースをホストするプライマリ (アクティブ) サーバーと、サービスやデータベースの複製コピーをホストするセカンダリ (パッシブ) サーバーがあります。
  • ダウンタイム - クラスタがサービス リクエストを正常に処理できない時間です。
  • フェールオーバー - HA のフェールオーバーとは、DB サービスや SVN サービスなどの重要なサービスを、スタンバイ MS SQL Server または SVN サーバーに自動的に切り替える機能で、以前はアクティブであったサーバーの障害または異常終了が発生したときに自動的に切り替える機能を指します。
  • フェールバック - フェールバックは、フェールオーバー状態のアプリケーションを元の状態 (障害発生前) に復元するプロセスです。クラスタ サービスは、フェールオーバー中に実行する手順と同じ手順を使用して、グループをフェールバックします。

フェールオーバーをサポートするために HA で作成されたクラスター グループ (ロール) は次のとおりです。

  1. データベース HA ロール グループは、高可用性グループで構成されたデータベース サーバーのグループ向けです。

    データベース レプリケーション — プライマリ ノード (アクティブ) とセカンダリ ノード (パッシブ) の MS SQL Server 間で同期レプリケーションを設定し、データベース ノードに障害が発生した場合の整合性を確保します。HA レプリケーション システムにおいて、プライマリ データベース サーバーに障害が発生したら、セカンダリ データベースはプライマリ ノードになります。

  2. 一般的なサービス グループのロールは、フェールオーバーをサポートする使用可能なリソース (SVN) のバージョン管理です。
フィードバックを送る