Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

災害復旧構成の概要

  • 更新済み: 6/19/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • 概要

災害復旧構成の概要

災害復旧 (DR) は、データセンター全体を停止させるような災害の発生時に、地理的に離れた場所にリカバリー ソリューションを提供します。

災害復旧 (DR) には、自然災害や人災の後で重要なインフラストラクチャやシステムのリカバリーや継続を可能にする一連のポリシーや手順が必要です。災害復旧は、システム障害のさまざまな原因に対応します。これは、インシデント後のサービスの再構築に重点を置いています。

システムの復旧には、サービスまたはシステムの再起動、構成ファイルの復元、バックアップからのデータベースなどのシナリオが含まれます。Automation Anywhere災害復旧を実装することでダウンタイムを短縮し、Bot アクティビティのビジネス継続性 (CoB) を維持します。

災害復旧導入モデル

マルチサイト組織におけるサイト障害は、自然災害、停電、または接続の停止に伴って発生します。DR は、災害が発生した場合にサービスやデータを保護します。以下は、それに関連するコンポーネントのリストです。

  • 災害復旧サイト - このサイトは、障害または災害によってプライマリ サイトが使用不能になった場合に使用される代替バックアップ サイトです。メインサイトの機能が完全に回復するまで、ビジネスプロセスの管理に一時的に使用できる機器とインフラストラクチャが含まれています。
  • サイト レプリケーション — セカンダリ (スタンバイ) サイトは、プライマリ サイトと同じ設定およびソフトウェアを持つ、プライマリの複製 (冗長コピー) です。データは、プライマリ サイトからセカンダリ サイトに複製 (コピー) されます。
  • データベース レプリケーション - DR サイト間で、プライマリ (本番) DR サイトから、セカンダリ (リカバリー) DR サイト (プライマリ DR サイトから地理的に離れた場所にあるサイト) への非同期レプリケーションを提供するようにデータベースを設定します。
  • ダウンタイム - プライマリ サイトが使用不能になったり、操作不能になったりして、ユーザー グループまたは組織全体が停止してから、セカンダリ サイトが操作可能になるまでの時間。
  • フェールオーバー - プライマリ サイトの 1 つに障害が発生した場合、障害が発生したサイトのワークロードは、災害復旧のためにセカンダリ サイトに自動的に移行されます。この自動プロセスはフェールオーバーと呼ばれます。フェールオーバーが完了すると、セカンダリ サイトがアクティブなサイトになります。
  • フェールバック - プライマリ サイトが正常に復旧した後、セカンダリ サイトからプライマリ サイトに運用を復元します。ワークロードは、セカンダリ サイトからプライマリ サイトにフェールバックできます。プライマリ サイトは再びアクティブ サイトになります。
フィードバックを送る