Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

シングル サインオン用に Control Room を設定

  • 更新済み: 5/12/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise

シングル サインオン用に Control Room を設定

Security Assertion Markup Language (SAML) 2.0 プロトコルを使用して、ID プロバイダー (IdP) 経由の Control Room 認証を有効にするには、[シングル サインオン (SSO)] オプションを使用します。

Okta や SSOCircle などの ID プロバイダー (IdP) は、資格情報を認証することにより、Control Room を含む複数のアプリケーションにアクセスできるようにするサードパーティ サービスです。

Control Room を初めて構成し、認証用に IdP を構成する場合、認証タイプにはシングル サインオンを選択します。ユーザーが Control Room にログインしようとするたびに、リクエストは IdP にリダイレクトされて認証されます。

フィードバックを送る