Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ファイル、フォルダー、および Bot に関する詳細をリクエスト

  • 更新済み: 5/13/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

ファイル、フォルダー、および Bot に関する詳細をリクエスト

その保存場所の Control Room で名前、相対パス、ID で検索して Bot、フォルダー、およびファイルに関する詳細をリクエストします。

前提条件

Bot の名前、フォルダー パス、および ID を使用して、詳細情報を取得します。
ロールとライセンス

Bot Runner (TaskBot と MetaBot の実行時間) ライセンスを持つユーザーとして認証する必要があります。

  • URL:
    http://<your_control_room_url>/v2/repository/file/list
  • メソッド: POST
サポートされているフィルター可能フィールド:
パス
この例では、path パラメーターの文字列 Finance を検索しています。この検索では大文字と小文字は区別されません。Finance または finance を見つけます。
  • フィールド: path
  • タイプ: string
{
  "filter": {
    "operator": "substring",
    "value": "Finance",
    "field": "path"
  }
}
名前
名前が「HR」のすべての Bot を取得します。例: Automation Anywhere\\My Tasks\\Bots\\HR-daily.atmx
  • Field: name
  • Type: string
{
  "filter": {
    "operator": "substring",
    "field": "name",
    "value": "HR"
  }
}
ディレクトリ
値が false の場合、すべてのファイル (ディレクトリを除く) が取得されます。値が true の場合、すべてのディレクトリが返されます。
  • フィールド: directory
  • タイプ: boolean
{
  "filter": {
    "operator": "eq",
    "field": "directory",
    "value": "false"
  }
}
parentId
parentid が 7 のすべての Bot / ファイルが取得されます。
  • フィールド: parentid
  • タイプ: long
{
  "filter": {
    "operator": "eq",
    "field": "parentid",
    "value": "7"
  }
}
lastModified
その日時に最後に変更された Bot / ファイルがすべて表示されます。
  • フィールド: lastModified
  • タイプ: date-time
{
  "filter": {
    "operator": "gt",
    "field": "lastModified",
    "value": "2020-01-07T18:00:00Z"
  }
}

次のフィールドを使用してレスポンスをフィルターします。

name: Bot の部分名または完全名。Bot の名前に含まれる正確な名前 (eq) またはテキスト文字列 (サブ文字列) を検索できます。

次のリクエストは、フォルダー パスに「Finance」を含むフォルダー内にあるすべての Bot の詳細リストを返します。

手順

  1. リクエスト ヘッダーに認証トークンを追加します。
    注: 認証 API を使用して JSON Web トークンを生成します。
  2. API の URL (http://<your_control_room_url>/v2/repository/file/list) を入力します。
  3. POST メソッドを選択します。
  4. リクエスト本文では、文字列 「finance」を使用して、その文字列を含むフォルダー パスを検索します。
    {
      "filter": {
        "operator": "substring",
        "field": "path",
        "value": "finance"
      }
    }
  5. リクエストを送信します。
    • REST Client で SEND をクリックします。
    • Swagger インターフェースで [実行] をクリックします。
    レスポンス本文:

    以下のレスポンス内の ID は、Bot の一意な識別子です。このレスポンスでは、2 つの Bot が表示されます。

    {
      "page": {
        "offset": 0,
        "total": 4,
        "totalFilter": 1
      },
      "list": [
        {
          "id": "12",
          "parentid": "11",
          "name": "FinanceHelloWorldGBG.atmx",
          "permission": {
            "delete": false,
            "download": true,
            "execute": false,
            "upload": true,
            "run": false
          },
          "lastModified": "2020-01-08T22:24:08.060Z",
          "lastModifiedBy": "10",
          "path": "Automation Anywhere\\My Tasks\\Finance\\FinanceHelloWorldGBG.atmx",
          "directory": false,
          "size": 4578,
          "locked": false,
          "fileLastModified": "2020-01-08T22:21:58Z",
          "isProtected": false
        }
      ]
    }

次のステップ

特定の Bot を導入するには、Bot の数値 ID を使用します。詳細な Bot 情報を取得するための追加リクエストがあります。

フィードバックを送る