Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot 導入用のコールバック URL

  • 更新済み: 7/02/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • API ドキュメント

Bot 導入用のコールバック URL

管理者は、既知のコールバック URL を使用して、Control Room[導入設定] を構成できます。

前提条件

  • [導入設定] を表示または構成するには、管理者ユーザーとしてログインします。
  • 既知のコールバック URL を特定します。
  • ロール: AAE_Admin

手順

  1. [管理] > [設定] > [一般] > [Control Room データベース & ソフトウェア] に移動します。
    [導入設定] セクションを見つけます。[導入設定] が有効になっているかどうか、ならびに少なくとも コールバック URL にそれが存在することを確認します。
  2. [導入設定] を追加または更新するには、[構成設定] ページの [編集] アイコンをクリックします。
  3. [Control Room データベース & ソフトウェア] タブで、[導入設定] セクションまでスクロールします。
  4. [Control Room の Bot Runner 導入セッション] を有効にし、既知の コールバック URL を追加します。
    注: 親のコールバック URL を信頼済みリストに追加する必要があります。親 URL に追加の URL パス パラメーターを追加できます。これにより、親 コールバック URL に追加された変数パスを持つことができます。
    :
    • 信頼済みリストの親の URL。

      https://<your_control_room_url>/dashboard

    • 親の URL が信頼済みリストにあるため、付加された追加のコールバックパスは有効です。

      https://<your_control_room_url>/dashboard/Finance

  5. 変更を保存 をクリックします。
フィードバックを送る