Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

自動ログイン資格情報 API の概要

  • 更新済み: 5/06/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • 概要

自動ログイン資格情報 API の概要

ロックされたデバイスで Bot をリモート実行するには、自動ログイン認証情報 API を使用して、ログイン プロセスを自動化します。AAE_Admin ロールを持つユーザーは、ログイン認証情報を作成、更新、削除できます。

概要

Control Room から Bot RunnerBot が展開される場合、BotCredential Vault に保存された資格情報を使用して Bot Runner にログインします。これらの資格情報は、ユーザーが Enterprise Clientツール > オプション > ログイン設定を使用することで設定します。ユーザーの Windows パスワードが変更されるたびに、ユーザーは Enterprise Client に新しいパスワードを更新する必要があります。

このプロセスを自動化するには、次の URL を使用して、Credential Vault に格納されているログイン認証情報を作成、更新、削除します。

自動ログイン認証情報の値を作成

POST http://<your_control_room_url>/v1/credentialvault/external/credentials/loginsetting
本文パラメーター: 次のパラメーターが必要です。
フィールド 説明:
ユーザー名: Automation Anywhere ユーザーのユーザー名。
Windows_ユーザー名 コンピューターの Windows ユーザー名
Windows_パスワード コンピューターの Windows パスワード
注: Control RoomActive Directoryに設定されている場合、次のリクエスト本文を使用します。かぎ括弧内のテキストを資格情報に置き換えます。
{ 
"Username":"<domain\\username>", 
"Windows_Username":"<domain\\your username>", 
"Windows_Password":"<your password>" 
}

例: 自動ログイン認証情報の作成

自動ログイン認証情報の値を更新

PUT http://<your_control_room_url>/v1/credentialvault/external/credentials/loginsetting

例: 自動ログイン認証情報の更新

自動ログイン認証情報の値を削除

DELETE http://<your_control_room_url>/v1/credentialvault/external/credentials/loginsetting

例: 自動ログイン認証情報の削除

フィードバックを送る