Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot を実行

  • 更新済み: 9/14/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Bot を実行

Bot は、実稼働環境に展開できるように Control Room リポジトリにチェックインする必要があります。[マイ Bot を実行] 権限を持つユーザーは、[進行中][スケジュール済み設定]、または [マイ Bot] ページから Bot を導入して実行することができます。

前提条件

  • [マイ Bot を実行] 権限があることを確認します。
  • Bot Runner ライセンスを持った Client が Control Room に接続済みであることを確認します。

手順

  1. Control Room にログインします。
  2. [Bot] > [マイ Bot] の順にクリックします。
    [マイ Bot] ページ内のリストには、Unattended Bot Runner ライセンスが表示されるユーザーによって作成された Bot が表示されます。
    注: Attended Bot Runner ライセンスを持つユーザーによって作成された Bot は実行できません。
  3. [Bot を実行] > [Bot をすぐに実行] の順にクリックします。
    [Bot をすぐに実行] ページが表示されます。
  4. [TaskBot を選択] タブで、Bot を含むフォルダーを選択します。

    Bot のタイプと名前 が表示されます。

    注: ユーザーは、[実行 + スケジュール] 権限を持っているフォルダーのみにアクセスできます。
  5. TaskBot を選択します。
  6. 右矢印アイコンをクリックします。
    Bot は、[ファイル-フォルダーの依存関係を再確認] セクションに追加されます。
    注: Bot を実行すると、次の場合にはオートメーションに失敗します。
    • Bot の依存関係のいずれかが欠けている場合。
    • ユーザーに依存関係に対するフォルダー権限がない場合。
    • ユーザーに スケジュールの実行 権限がない場合 (権限 アイコンが表示されます)。
  7. [次へ] をクリックします。
    Control Room で利用可能なデバイスと Bot Runner が表示されます。
  8. オプション: [Control Room で Bot Runner セッションを実行] を選択します。
    これにより、ロックまたはログオフ状態の場合、Control RoomBot Runner マシンのリモート デスクトップ プロトコル (RDP) でスケジュール済みタスクを実行することができます。この方法は、Bot を仮想マシンや端末サーバーに導入する場合に推奨しています。

    また、[Bot Runner の画面解像度を設定] オプションを使用して、Bot CreatorBot Runner 画面の解像度が一致するように RDP 画面の解像度を設定することもできます。

    詳しくは、「RDP ベースの Bot デプロイに関するガイドライン」をご覧ください。
  9. 選択可能な Bot Runner セクションの任意の Bot を選択し、右矢印アイコンをクリックします。
    注: 接続解除されたデバイスは有効になっていないために、接続された Bot Runner デバイスのみを選択できます。また、デバイスが表示されていない場合は、デバイスにアクティブな Bot Runner セッションがあることを確認してください。
  10. [次へ] をクリックします。
  11. オプション: [一般] タブの [名前][説明] を更新します。
    デフォルトでは、[Bot 名].[DD.MM.YY][HH.MM.SS].[ユーザー名] の形式で表示されます。これは、変更することができます。
  12. [すぐに実行] をクリックします。
    選択した Bot は、[進行中のアクティビティ] ページで進行状況を表示できます。
    注: デバイスが接続されていない場合や必須フィールドが入力されていない場合は、[すぐに実行] オプションが有効になりません。
フィードバックを送る