Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot をインポート

  • 更新済み: 5/12/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Bot をインポート

Control Room ユーザーが [BLM インポート モジュール] 権限を持ち、さらにタスク、MetaBot、文書、ワークフロー、レポートの [アップロード] 権限を持っている場合は、他のオートメーション環境で別の Enterprise Control Room ユーザーがエクスポートした Bot と依存ファイルをインポートして、自社の Bot ライフサイクル管理 (BLM) の管理に役立てることができます。

Version 11.3.5Bot ライフサイクル管理 パッケージのインポートによってインポートされた、保護されていない Bot は、重複する GUID を持つことができます。Control Room は、インポートされた Bot に新しい一意の GUID を作成し、Bot Insight ダッシュボードにおけるデータ競合を回避します。保護された Bot または、重複する GUID を持つ複数の保護された BotBot ライフサイクル管理 パッケージのインポートによってインポートされた場合、Bot をインポートできない理由から始まる検証メッセージが表示されます。

Bot とファイルをインポートする前に

バージョン 11.2.x 以前の Control Room から Control Room バージョン11.3.1Bot をインポートする前に、Bot 名に Unicode 文字が含まれていないことを事前に確認してください。Bot 名に Unicode 文字が含まれている場合は、Bot 名を 11.2.x 以前のバージョンで変更して再度エクスポートするか、同じ Bot を 11.3 からエクスポートして Control Room 11.3.1 にインポートします。
注: AAE_ADMIN ロールがなくても Bot をインポートすることができます。ただし、ダッシュボード関連情報はインポートされません。ダッシュボードをインポートするには、AAE_ADMIN ロールを割り当ててもらう必要があります。

Bot ファイルのインポート - バージョン管理が無効になっている場合

Bot ファイルをインポートするには:

  1. [Bot] > [マイ Bot] ページの順に移動します。
  2. [Bot ファイルのインポート] をクリックします。
  3. [Bot をインポート ウィザード] ページが開きます。ここで、別の Control Room ユーザーがエクスポートしたパッケージ ファイルを選択する必要があります。

    [Bot ファイルのインポート] ウィンドウが表示されます。

  4. ファイルを選択するには、[参照] をクリックします。
  5. エクスポートされたパッケージが保存されているソース フォルダー、またはエクスポートされたパッケージが [Bot をエクスポート] 権限を持つ Control Room ユーザーによって共有されているソース フォルダーに移動します。
  6. 必要なパッケージを選択します。パッケージの拡張子は AAPKG です。
  7. 暗号化されている場合は、Control Room からのエクスポート時に使用した同じパスワードを入力します。
  8. パッケージからインポートされたファイルがすでに Control Room で利用可能な場合は、次の操作を実行できます。
    • ファイルをスキップし、複製ファイルをインポートしない
    • インポートしたファイルで既存のファイルを上書きする
    • インポート アクションをキャンセルする
      注: このオプションを使用すると全体的なインポート操作がキャンセルされ、少なくとも 1 つのファイルが Control Room に存在するようになります。この場合、BotControl Room にインポートされません。
      • [スキップ] オプションまたは [上書き] オプションを選択し、[インポート] をクリックすると、ファイルは正常にインポートされます。
      • ただし、[キャンセル] を選択して [インポート] をクリックすると、上記のいずれかのオプションを選択するように求められます。

        この画像は、Bot のインポートのキャンセルに関する情報を示しています。

  9. Bot が正常にインポートされたら、[マイ Bot] ページに戻ります。

Bot ファイルのインポート - バージョン管理が有効になっている場合

Bot ファイルをインポートするには:

  1. [Bot] > [マイ Bot] ページの順に移動します。
  2. [Bot ファイルのインポート] をクリックします。
  3. [Bot ファイルをインポート ウィザード] ページが開きます。ここで、別の Control Room ユーザーがエクスポートしたファイルを選択する必要があります。

    この画像は、Bot ファイルのインポートウィンドウを示しています。

  4. ファイルを選択するには、[参照] をクリックします。
  5. エクスポートされたパッケージが保存され、[Bot をエクスポート] 権限を持つ Control Room ユーザーによって共有されているソース フォルダーに移動します。
  6. 必要なパッケージを選択します。パッケージの拡張子は AAPKG です。
  7. 暗号化されている場合は、Control Room からのエクスポート時に使用した同じパスワードを入力します。
  8. パッケージからインポートされたファイルがすでに Control Room で利用可能な場合は、次の操作を実行できます。
    • ファイルの新しいバージョンを作成します。ソース Control Room でバージョン管理が有効になっているかどうかに関係なく、インポート先の Control Room で新しいバージョンが作成されます。
      注: インポートする Bot がインポート先の Control Room 内に既にあり、アップデートがない場合、Bot の新しいバージョンは作成されません。
    • ファイルをスキップし、ファイルをインポートしません。これは、インポート先の Control Room のファイルが変更されないことを意味します。
    • インポート アクションをキャンセルする
      注: このオプションを使用すると全体的なインポート操作がキャンセルされ、少なくとも 1 つのファイルが Control Room に存在するようになります。この場合、BotControl Room にはインポートされません。
  9. プロダクト バージョン タイプを選択する必要があります。
    • プロダクト バージョンを現在の設定で保持する - システムは、インポートした Bot および依存関係のプロダクト バージョンを変更しません。
    • プロダクト バージョンを、インポートされたバージョンのファイルに設定する - 最新の (インポートした) バージョンが、すべてのインポート済み Bot および依存関係のプロダクト バージョンとして設定されます。
      • [スキップ] オプションまたは [作成] オプションを選択して [インポート] をクリックすると、ファイルは正常にインポートされます。

      • ただし、[キャンセル] を選択して [インポート] をクリックすると、上記のいずれかのオプションを選択するように求められます。

        この画像は、Bot のインポートのキャンセルに関する情報を示しています。

  10. Bot が正常にインポートされたら、[マイ Bot] ページに戻ります。
注: BLM パッケージのエクスポートとインポートで E メール設定 が有効になっている場合、インポートの成功・失敗に関わらず、インポートを実行したユーザーに E メール通知が送信されます。

Botのインポート - 検証

Bot ファイルをインポートすると、システムはインポート時に以下の検証を行います。

  • Bot または依存ファイルが Control Room 内に既に存在するかどうか
  • バージョン管理が有効になっている場合、ファイルがロックされているかどうか。この検証に失敗すると、次のように表示されます。

    この画像は、Bot をインポートできないというメッセージを示しています。

    この問題を解決するには、Control Room から [Bot をロック解除] を使用するか、Client から [チェックイン] オプションを使用します。

監査ログ

Bot をインポートすると、監査エントリが Control Room[監査ログ] ページに記録されます。

監査の詳細は、[アクションの詳細][Bot のインポートの詳細] の 2 つに分かれています。

  • [Bot のインポートの詳細] には、インポート元の Control Room 名、パッケージ名、パッケージの暗号化 (Bot のエクスポート時にパスワードを設定した場合)、インポートした Bot の名前とファイルパス、インポートした依存ファイルの名前とファイルパスなどが表示されます。

    Version 11.3.1ファイルが既に存在し、ユーザーが [新しいバージョンを作成][スキップ][上書き] のいずれかのオプションを選択している場合、そのステータスに続けてそれぞれ [インポート済み][スキップ済み][上書き済み]Bot やファイルの名前と数が表示されます。次の図は、ファイルをスキップした場合の監査ログの詳細を示しています。

    Version 11.3.1この画像には、インポート Bot の詳細が表示されます。

  • Bot/ファイルのエントリは、スキップ済み/上書き済み、インポート済み、インポート済み依存関係の順に [属性] 列に表示されます。角かっこ内の数字は、スキップ済み/上書き済みまたはインポート済みの Bot/ファイルの数を示します。
  • インポート済みエンティティのファイルパスは、[値] 列のファイル パスにカーソルを合わせると表示できます。
  • バージョン管理が有効になっている場合、インポート元の Control Room におけるリストの各項目のバージョンが表示され、そのバージョン番号がファイルの末尾に付加されます。
    • Bot のインポート元の Control Room と Bot のバージョン番号を知りたい場合は、[Bot を編集] ページのバージョン履歴で確認できます。

      この画像には、[Bot の編集] ウィンドウが表示されます。

    • また、Bot のインポート元の Control Room と Bot のバージョン番号を確認する別の方法として、Automation Anywhere Enterprise Client の [バージョン履歴] を参照することもできます。

      この画像は、Bot のバージョン履歴を示しています。

フィードバックを送る