Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ファイルとフォルダー

  • 更新済み: 5/04/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

ファイルとフォルダー

[マイ Bot] ページの [フォルダー] 領域でフォルダーをクリックすると、そのフォルダーの内容が [ファイルとフォルダー] 領域に表示されます。

バージョン管理が有効になっていると、バージョン関連の列が表示されます。ファイルに実稼働バージョンが設定されている場合は、そのバージョンのサイズなどの情報が残りの列に表示されます。

[ファイルとフォルダー] テーブルの列について、次の表で説明します。

項目 説明
タイプ ファイルのタイプ - フォルダーまたは TaskBot です。フォルダー内のファイルのタイプに基づいています。
名前 フォルダーまたはファイルの名前です。
サイズ ファイルのサイズ。
Client の最終変更日
  • ファイルが Control Room にアップロードされる前に Bot Creator のマシン上で最後に変更された日付です。
  • バージョン管理が有効になっていて、実稼働バージョンが設定されている場合は、その特定の実稼働バージョンが Control Room にアップロードされる前に最後に変更された日付となります。
最終変更日 ファイルが最後に変更された日時です。
変更者 ファイルまたはフォルダーを最後に変更したユーザーの名前です。

列に対して以下のアクションを行うと、作業を効率化できます。

  • 列をクリックして昇順および降順にソートする。Shift キーを押しながら複数の列をクリックすることで、最大 3 つの列をソートできます。これにより、2 つの列を追加してソートできます。ソートは、現在表示されているデータだけではなくテーブル全体に対して実行されます。最後に実行したソートはメモリに保存され、セッションごとにユーザーによって適用されます。
  • 列を左右に移動するには、ドラッグ アンド ドロップ操作を使用します。
  • 列の末尾にマウス カーソルを移動し、ドラッグして列のサイズを変更します。

[ファイルとフォルダー] 領域では、個々のファイルやフォルダーに対して、次のタスクを実行できます。

アクション 説明
実行 実行 選択した Bot を実行できます。
ロック解除Bot をロック解除 Enterprise Client の Bot Creator で編集するために Bot がロックされている場合は、これを選択して強制的にロック解除できます。
スケジュール スケジュール Bot の実行をスケジュール設定します。
編集 フォルダーを編集 フォルダの名前を変更できます。
表示 表示 ファイルまたはフォルダーの詳細を表示できます。
削除 フォルダー/Bot を削除

Bot、ファイル、またはフォルダーを削除できます。

注: バージョン管理が有効になっている場合は、このオプションを利用できません
注: フォルダーに対して利用できるオプションは、編集、表示、削除のみです。

すべての Bot またはフォルダーを選択して、次の操作を実行することもできます。これらのアクションは、個々の項目レベルではなく、テーブル レベルでのみ実行できることに注意してください。

項目 説明
作成 フォルダーを作成 [ファイルとフォルダー] セクションでフォルダーを作成できます。
カスタマイズ 列をカスタマイズ

特定の列を表示したり、非表示にしたりするなど、列をカスタマイズできます。デフォルトでは、次のようにすべての列が表示されます。

列をカスタマイズ

注: 列の [バージョン管理][プロダクト バージョン] が表示されるのは、バージョン管理が有効になっている場合のみです。
アクション列 左側の [アクション] 列を表示するには、こちらをクリックします カスタマイズ 列をカスタマイズし、[左に表示] ラジオ ボタンをクリックします。右側に表示する場合は、[右側に表示] ラジオ ボタンをクリックします。

[アクション] 列を非表示にするには、[非表示] ラジオ ボタンをクリックします。

ロック解除 チェック項目をロック解除

Enterprise ClientBot Creator で編集するためにロックされている場合は、選択した Bot (複数) を 強制的にロック解除 できます。

注: このオプションは、バージョン管理が有効な場合のみ利用できます
削除 チェック項目を削除

選択した Bot やフォルダー、またはすべての Bot やフォルダーを削除できます。

注: バージョン管理が有効になっている場合は、このオプションを利用できません
フィードバックを送る