Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ロッカー - 概要

  • 更新済み: 5/04/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • 概要

ロッカー - 概要

ロッカーは、自動化タスクに資格情報の形式で含まれている関連の機密情報をグループ化し、それを他のユーザーと共有するために使用されます。

これにより、資格情報管理および消費の職務を分割できます。次の権限を持つユーザーはロッカーを操作できます。

  • マイ ロッカーを管理: この権限は、マイ ロッカーを作成して管理します。
  • すべてのロッカーを管理: この権限で、すべてのロッカーを表示したり、それらに対して限定的なアクションを実行できます。この権限は、AAE_Locker Admin のロールのみに適用されます。

ロッカー管理に関連するロールと権限は次のとおりです。
  • ロッカー所有者: ロッカー所有者は、ロッカーの編集、表示、削除、ならびに他の所有者の追加または削除を行うことができます。

  • ロッカー管理者: ロッカー管理者は、ロッカー所有者のすべての機能にアクセスできますが、所有者、管理者、または参加者をロッカーに追加することはできません。

  • ロッカー参加者: ロッカー参加者はロッカーを表示できます。ロッカー参加者は、各自の資格情報をロッカーに追加することもできます。ロッカー参加者は、他のユーザーが作成した資格情報にアクセスしたり、表示したりすることはできません。

  • ロッカー コンシューマー: ロッカー利用者は、ロッカーを表示し、資格情報の属性値を入力できます (属性がユーザーによる入力用に構成されている場合)。1 つ以上のユーザー定義ロールを選択する場合、これらの選択されたロールを持つユーザーがロッカーの利用者になります。

マイ ロッカー

[Bot → 資格情報][マイ ロッカー] タブを選択すると、ユーザーによって作成されたロッカーのリストが表示されます。ロッカーは、[ロッカー管理者] 権限を持つ認定ユーザー、または[マイロッカーを管理] 権限を持つユーザーのみが作成できます。

注: ユーザーは自分が作成した場合、またはそのロッカーのメンバーである場合のみ、ロッカーを閲覧できます。

ユーザーが作成したロッカーの一覧を表形式で表示するマイロッカー画面

検索ウィンドウでは、ロッカー名に基づきロッカーをフィルタリングできます。

テーブルに表示される項目のリストについて、次に説明します。

テーブル項目 説明
名前 ロッカー名です。
コンシューマー権限 コンシューマーまたは非コンシューマーです。
追加権限 ロッカー参加者、ロッカー管理者、ロッカー所有者です。
管理者 ロッカー管理者権限を持つユーザーです。
資格情報 ロッカーに割り当てられている資格情報の数です。
所有者 ロッカーを作成したユーザーの名前です。
最終変更日 ロッカーが最後に編集/変更された日時です。
変更者 ロッカーを変更/編集したユーザーの名前です。
アクション 説明
表示 表示 ロッカーを閲覧できます。

詳細

編集 編集 ロッカーを編集できます。

詳細

削除 削除 ロッカーを削除できます。

詳細

またすべてのロッカーを選択して、次の操作を実行できます。

テーブル項目 説明
更新 更新 ロッカー リストを更新できます。
削除 削除 複数のロッカーを削除できます。

詳細

列をカスタマイズ 列をカスタマイズ

特定の列を表示または非表示にすることができます。デフォルトでは、すべての列が表示されます。

監査ログ

[作成、更新、削除] のすべてのアクションを、記録と将来の使用のために監査ログで追跡することができます。これらのエントリは、[監査ログ] ページで参照できます。
フィードバックを送る