Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

監査の詳細を表示

  • 更新済み: 5/07/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

監査の詳細を表示

Control Room の管理者、または監査ログ権限を持つユーザーは、監査ログページからアクティビティの詳細を追跡できます。

手順

  1. [監査ログ] をクリックします。
  2. (任意) アクティビティ ログの間隔を変更するには、[時間フィルター] のドロップダウンを使用します。

    デフォルトでは、[時間フィルター] は 24 時間に設定されています。

  3. (任意) 特定のアクション項目を検索するには、[すべての列] のドロップダウンと [検索] フィールドを使用します。

    [アクション] テーブルに各種の利用可能な「アクション」項目が表示されます。

  4. 「アクション」の詳細を表示するにはこちらをクリックしますアクション アイコン > 表示 アイコンをクリックします。

    次の詳細を示す [アクションの詳細] ページが表示されます。

    • ステータス

      選択したアクションが成功したか失敗したかを表示します。

    • アクション実行者

      アクションを実行したユーザー名です。

    • オブジェクト タイプ

      選択したアクションのオブジェクト タイプです。

    • ソース デバイス

      ソース デバイスの IP アドレスです。

    • リクエスト ID

      リクエスト ID の詳細。

    • 項目名

      項目の名です (ある場合)。

    • 時刻

      ユーザー ログインのタイム スタンプです。

    • アクション タイプ

      実行されたアクション タイプの詳細です。

    • ソース

      ソースの名前です。

      注: 表示できるのは、更新可能なフィールドに限られます。また、Credential Vault に保存されている情報も表示されます (暗号化済み)。
    注: Automation Anywhere Elasticsearch Service のみを再起動することは推奨されていません。これを実行した場合は、Control Room[監査ログ] ページにエラーが発生します。
フィードバックを送る