Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot の導入の実行および Bot Runner セッションの監査ログ

  • 更新済み: 5/12/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Bot の導入の実行および Bot Runner セッションの監査ログ

Enterprise Control Room 管理者または [全員の監査ログ アクションを表示] 権限を持つユーザーは、Control Room の [監査ログ] ページで、Bot の導入の実行および Bot Runner セッションの監査エントリを表示できます。

上記の監査ログには、[成功][失敗] の両エントリが含まれます。

下図は、ローカルまたは RDP を通しての Bot の導入の監査ログに関連するエントリを示しています。

監査ログファイル ページ

Bot の導入の実行

[すぐに実行] アクションを使用した Bot の導入の成功または失敗に関するエントリは、Control Room の [監査ログ] ページに記録されます。次の図は、Bot Runner マシン上で成功した Bot の導入を示しています。[詳細] パネルで [Bot 配布済みアクションを実行する] の [アクションを表示] ページ。

Bot の導入の実行が失敗した理由

以下の場合は、Bot の導入の実行が失敗した理由がログに記録されます。

  1. 次の理由で Bot Runner が到達不能であるか、接続解除済みと表示されている場合:
    • Enterprise Client サービスが Bot Runner マシンで実行されていない
    • Bot Runner マシンがシャットダウンされている
    • ネットワークの問題
    • Bot Runner ユーザーが Enterprise Client にログオンしていない
  2. Bot Runner は無効になっています。
  3. Bot Runner が導入済みパッケージをダウンロードできませんでした。

Bot Runner セッション

ログに記録された Bot Runner セッション の監査エントリは、RDP などの方法によって Bot Runner マシンに Bot が正常に導入されたかどうかを示します。次の図は、成功した Bot Runner セッションを示しています:[詳細] パネルで [Bot Runner セッション アクションを実行する] の [アクションを表示] ページ。

同様に、Bot Runner セッションが失敗すると、監査の詳細の [結果] パネルにその理由が表示されます。

Bot Runner セッションの失敗の理由

次の原因により Bot Runner のリモート デスクトップ セッションを確立できない場合は、Bot Runner セッションの失敗の理由がログに記録されます。

  1. ユーザーが Enterprise Client[ツール] > [オプション] > [ログイン] > [設定][Windows のログイン資格情報] を設定していない。
  2. ユーザーが Enterprise Client[ツール] > [オプション] > [ログイン] > [設定][法的免責事項を無視] を選択している。
  3. Automation Anywhere プレイヤーが Bot Runner 上ですでに実行されている。
  4. Bot Runner へのリモート デスクトップ セッションが無効になっている。
  5. RDP ポートがブロックされているか、ネットワーク エラーが発生しているか、Bot Runner のホスト名が解決されていない。
フィードバックを送る