Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ユーザーを表示

  • 更新済み: 4/17/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

ユーザーを表示

ユーザーの詳細、割り当てられたロール、詳細事項 (最終変更日、変更者、オブジェクト タイプ、ユーザー タイプ) などの情報が、読み取り専用モードで表示されます。

ユーザーに関する詳細
  • : ユーザーの名です。
  • : ユーザーの姓です。
  • 説明: ユーザーの説明です。
  • E メール: ユーザーの E メール アドレスです。
  • パスワード: ユーザーのパスワードです。

    Active Directory ユーザーの場合、[パスワード] フィールドは表示されません。

  • ユーザー ステータス: ユーザーのステータス (有効または無効) です。
  • ライセンス: Unattended Bot Runner、Attended Bot Runner、Bot Creator など、ユーザーのライセンス タイプです。
  • ライセンス ステータス: ユーザーのライセンス ステータスです。
    • 確認済み: Control Room で作成されたすべてのユーザーです。
    • 未確認: SMTP が無効なときにユーザーがライセンスを確認していない場合は、確認リンクをクリックします。
    • 登録済み: ユーザーが Client マシンにログインするときに必要です。
  • 自動ログイン: ユーザーがログアウトした後に自動ログインします。
ロール
ユーザーに割り当てられたロールです。

詳細事項
  • 最終変更日: ユーザー情報が最後に変更された日時が表示されます。
  • 更新者: ユーザー情報を最後に変更したユーザー名が表示されます。
  • オブジェクト タイプ: TaskBotMetaBotIQ Bot などの Bot タイプが表示されます。
  • ユーザー タイプ: Bot CreatorUnattendedBot Runner および Attended Bot runner、管理者など、ユーザー タイプです。
フィードバックを送る