Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ユーザー管理の概要

  • 更新済み: 5/31/2021
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • プロセス フロー

ユーザー管理の概要

Control Room 管理者として、ユーザー アカウントを作成、表示、編集、削除、有効化または無効化することができます。ユーザー アカウントの作成は、非 Active Directory か、Active Directory か、それとも IdP サーバーからのシングル サインオン (SSO) 資格情報かによって異なります。

ユーザーを作成

非 Active Directory ユーザーを作成
ロールとデバイス ライセンスを割り当てて、非 Active Directory ユーザーを追加します。ユーザーは、必要なプロセスを自動化するために割り当てられた役割とデバイスのライセンスに従って TaskBot を作成できます。
Active Directory ユーザーの追加
Active Directory (AD) ユーザーを追加するには、AD ドメインを選択して AD 環境の詳細を入力し、ロールとデバイス ライセンスを割り当てます。ユーザーは AD のメンバーでなければなりません。
SSO の IdP サーバーからユーザーを追加
シングル サインオン (SSO) 用に設定した Control Room で IdP サーバーからユーザーを追加するタスクは、Active Directory ユーザーを作成する手順と同様です。

ユーザー アカウントで実行できるタスク

各ユーザー名の右側にあるアクション メニュー (縦長の楕円) を使用して、ユーザー アカウントで次のタスクを実行できます。
ユーザーを表示: [ユーザーを表示] ページを読み取り専用モードで開きます
ユーザーの詳細、割り当てられたロール、詳細事項 (最終変更日、変更者、オブジェクト タイプ、ユーザー タイプなど) の情報が表示されます。さらに、ユーザーの詳細の編集や、ユーザー アカウントを有効化または無効化することができます。
ユーザーの詳細を編集する: [ユーザーの編集] ページが書き込みモードで開きます。
ユーザーの詳細、デバイスのログイン認証情報、割り当てられているロール、デバイス ライセンスを更新できます。ユーザーの詳細を編集すると、そのユーザーに通知 E メールが送信されます。
ユーザーを有効化/無効化する: ユーザー アカウントを有効または無効にすることができます。

このオプションは、ユーザーのアクセスを一時的に制限したいときに有用です。ユーザー アカウントを有効化または無効化すると、そのユーザーに通知 E メールが送信されます。

ユーザーを削除: ユーザー アカウントを削除できます。
ユーザーが組織を離れたり、別のロールに移動したりする場合は、ユーザー アカウントを削除することができます。これにより、そのユーザーに追加されていたデバイスと割り当てられていたライセンスを解放できます。ユーザー アカウントを削除すると、そのユーザーに E メール通知が送信されます。

ユーザーの検索

既存のユーザーに関する詳細情報を表示するには、Control Room の [ユーザー] ページを使用することができます。次のオプションを使用して、必要なユーザーを検索します。
  • 検索パラメーターを適用する:

    アクセスを容易にするために、ユーザー名、姓名、説明、ユーザー ステータスの列に検索パラメーターを適用します。

    同じ列に対して検索パラメーターを指定すると、[OR] 演算子を使用して検索が行われます。別の列に対して検索パラメーターを指定すると、[AND] 演算子を使用して検索が行われます。

    注:-」や「_」という特殊なキーを使用すると、これらのパラメーターを含むユーザー名だけではなく、すべてのユーザー名が表示されます。
  • 列のアクションで結果を並べ替えます。
    • 列を昇順または降順に並び替えるには、列ヘッダーをクリックします。

      Shift キーを押しながら複数の列のヘッダーをクリックすることで、一度に最大 3 つの列をソートできます。ソートは、現在表示されているデータだけではなくテーブル全体に対して実行されます。

    • 列ヘッダーを左または右にドラッグします。
    • 列の最後をポイントし、それをドラッグしてサイズ変更します。

選択したユーザーに対するアクションの実行

[ユーザー] テーブルの右上にあるアイコンをポイントすると、以下のタスクを実行できます。これらのアクションは、個々の項目レベルではなく、テーブル レベルのみで実行できます。

チェックした項目を使用してロールを作成
ロールを追加して、選択したユーザーを割り当てます。
チェック項目を削除
選択したユーザーを削除します。ログインしているユーザーは削除できません。
CSV にエクスポート
テーブル内で選択したユーザーを CSV 形式でエクスポートします。
更新
テーブルを更新して、最新のデータを表示します。
Version 11.3.4確認 E メールを送信する
このオプションをクリックして、ユーザーに確認 E メールを送信します。
注: 管理者か、作成および編集するユーザー ロール権限を有するユーザーのみが、このオプションを使用して確認 E メールを送信することができます。
列をカスタマイズ
テーブルで表示または非表示にする列を選択できます。
フィードバックを送る