Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ユーザーを削除

  • 更新済み: 5/05/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

ユーザーを削除

Control Room からユーザーを削除するプロセスは、ユーザー ロール、デバイス ステータス、スケジュール ステータスによって異なります。

前提条件

ユーザーを削除する前に、以下を確認してください。

  • ユーザーに関連付けられたアクティまたは非アクティブのスケジュールはありません。

    ユーザーが実行中または実行保留中のスケジュールを作成した場合、そのユーザーを削除することはできません。

  • 登録済みのユーザー デバイスで実行しているオートメーション プロセスはありません。
  • ユーザーは、Credential Vault のロッカーのメンバーではありません。
  • このユーザーはキューまたはデバイス プールを所有していません。
  • 当該ユーザーはデバイス プールの一部ではありません。
重要: Control Room からユーザーを削除すると、ユーザーが作成した Bot は削除されません。その代わりに、ユーザーがアップロードした Bot[過去のアクティビティ] ページのエントリ、ユーザーが作成したフォルダーなどのステータスは [非アクティブ] として表示されます。ただし、ユーザーは、ユーザー テーブルから削除され、ユーザーのライセンスは解放されます。ユーザーが登録されているデバイス名は、[マイ デバイス] テーブルから削除されます。

ユーザーが削除されると、ユーザーに関連付けられた Credential Vault 変数も削除されます。

手順

  1. [管理] > [ユーザー] の順に移動します。
    [すべてのユーザー] ページが表示され、既存のユーザーに関する情報が表示されます。
  2. 1 人以上のユーザーを削除します。
    • ユーザーを削除するには、[アクション] メニュー (縦の 3 点リーダ アイコン) の上にマウスを置き、[ユーザーを削除] を選択します。
    • 複数のユーザーを削除するには、チェック ボックスをオンにして、[ユーザー] テーブルの上にある [チェック項目を削除] をクリックします。
  3. メッセージをレビューし、削除アクションを確認します。
    割り当てられているライセンスに応じて、次のメッセージが表示されます。
    ライセンスの種類 メッセージ:
    Attended Bot Runner ライセンス ユーザーを完全に削除しますか。<username>これにより、ユーザーに割り当てられた Attended Bot Runner ライセンスが解放されます。このユーザーによって作成された 1 つ以上のスケジュールがある可能性があります。このユーザーを削除すると、そのスケジュールは実行されません。
    Unattended Bot Runner ライセンス ユーザーを完全に削除しますか。<username>これにより、このユーザーに割り当てられた Unattended Bot Runner ライセンスが解放され、ユーザーが登録したデバイス <devicename> が削除されます。このユーザーによって作成された 1 つ以上のスケジュールがある可能性があります。このユーザーを削除すると、そのスケジュールは実行されません。
    Bot Creator ライセンス ユーザーを完全に削除しますか。<username>これにより、このユーザーに割り当てられた Bot Creator ライセンスが解放され、ユーザーが登録したデバイス <devicename> が削除されます。このユーザーによって作成された 1 つ以上のスケジュールがある可能性があります。このユーザーを削除すると、そのスケジュールは実行されません。
    なし このユーザーによって作成された 1 つ以上のスケジュールがある可能性があります。このユーザーを削除すると、そのスケジュールは実行されません。
  4. 次のメッセージが表示される場合は、[閉じる] をクリックします。
    Version 11.3.4
     以下の理由のうちの 1 つまたは複数に該当するため、このユーザーを削除できません。このユーザーは実行中または実行保留中のスケジュールを作成しました 2. このユーザーのデバイスは自動化プロセスを実行中です 3. このユーザーは Credential Vault に資格情報を作成しました 4. このユーザーは Credential Vault のロッカーのメンバーです 5. このユーザーはキューまたはデバイス プールを所有しています 6. ユーザーのデバイスはデバイス プールの一部です。続行するには、監査ログの詳細を確認してから再試行してください。
  5. 関連する問題を解決し、ステップ 1 ~ 3 に従ってください。
    ヒント: ユーザー ライセンスを解放するには、[ユーザーの編集] ページで、[このユーザーにデバイス ライセンスを割り当てますか?] オプションを [なし] に設定します。これにより、ユーザーは Control Room のみにアクセスでき、TaskBot にはアクセスできなくなります。
フィードバックを送る