Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

バージョン管理の有効化

  • 更新済み: 5/07/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

バージョン管理の有効化

バージョン管理の設定を有効にすることで、Control Room リポジトリから Bot を SVN リポジトリにアップロードできます。

Bot のバージョン管理を有効にするには、次のステップに従います。

手順

  1. [管理][設定][Bot] の順に選択します
  2. [編集] をクリックします。
    ページが編集モードで開きます。
  3. [有効] を選択します。
  4. 次の詳細を入力します。
    1. Subversion サーバー名 - Subversion サーバーのホスト名を入力します。
    2. Subversion リポジトリ パス - SVN リポジトリ パスを入力します。

    Subversion リポジトリ パスでは、大文字と小文字が区別されます。たとえば、リポジトリ パスが \svn\V11SVNRepo である場合に「\SVN\V11SVNRepo」と入力すると、Control Room は Subversion サーバーに接続できません。

    これらの設定を有効にする場合、または古い設定済みのリポジトリから新しい SVN リポジトリに切り替える場合は、SVN リポジトリは空である必要があります。

    最大 3 レベルまでのみのリポジトリ パスを設定できます。

    ヒント: これらの詳細は、次に示すように、VisualSVN サーバー マネージャーからコピーできます。
  5. バージョン管理を有効にしたり、バージョン管理を別のサブバージョン リポジトリに設定したりする場合は、Bot の実稼働バージョンを手動または自動で割り当てるためのオプションを選択します。
    選択した Bot でスケジュールを実行する場合、Bot の実稼働バージョンは必須です。スケジュール設定済み Bot に実稼働バージョンが設定されていない限り、スケジュールはトリガーされません。
    • 「プロダクト バージョン」を割り当てない。手動で割り当てる"を、Bot で実稼働バージョンを手動で割り当てる場合に使用します。制御された方法で実稼働バージョンを設定する場合は、このオプションを使用します。

    • Control Room で最新バージョンの Bot をプロダクト バージョンとして自動的に選択するには、[最新バージョンの Bot を "プロダクト バージョン" として自動的に割り当てる] を使用します。
  6. [サーバー設定][接続タイプ] を選択します。
    次のいずれかのプロトコルを選択して SVN に接続できます。
    • http - これはデフォルトのオプションです
    • https - https プロトコルを使用するように SVN を設定する場合に、このオプションを選択できます。
    • svn+ssh - SVN が SSH プロトコルを使用するように設定されている場合にこのオプションを選択できます。バージョン管理操作をより迅速かつ安全に処理できるため、このオプションをお勧めします。
  7. SVN に割り当てられる Subversion サーバー ポート 番号を入力します。
    ポート番号が 1 - 65535 の範囲内であることを確認します。
  8. SVN のログイン資格情報としてユーザー名パスワードを入力します。
    バージョン管理を設定すると、[Subversion パス] および [最後にアップロードされたファイル] の詳細が更新されます。Control Room ファイルのデフォルトパスも表示されます。
  9. 変更を保存します。
    注: 以前に VCS が設定されていて、別のサブバージョン リポジトリに切り替える場合、Bot のバージョン履歴は保存されません。詳しくは、「バージョン管理の有効化または無効化の影響」セクションをご覧ください。
フィードバックを送る