Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

E メール通知設定を構成する

  • 更新済み: 3/31/2021
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

E メール通知設定を構成する

Control Room 管理者は、アカウントのアクティベーションやアカウント情報の削除と変更など、特定のアクティビティに関するユーザーへの E メール通知を有効にすることができます。

手順

E メール通知設定を構成するには、次の手順を実行します。

  1. Control Room にログインし、アドミニストレーション > 設定 > E メール の順にクリックします。
  2. [編集] をクリックします。
  3. [E メール通知を送信] チェック ボックスをオンにします。
    注: このチェック ボックスが有効になっている場合は、[初回ユーザー セットアップ時に確認 E メールを送信] がデフォルトでアクティブ化され、アカウントのアクティブ化確認の E メールがユーザーに送信されます。
  4. 次の詳細を更新します。
    1. [送信元 E メール アドレス] は、ユーザーへの通知の送信元となるアドレスです。
    2. [E メール サーバー ホスト] は、E メール サーバーのホスト名です。
    3. [E メール サーバー ポート] は、1 ~ 6553 のポート番号です。
    4. サーバーには安全な接続 (SSL/TLS) を使用します: SSL/TLS プロトコルを有効にしている場合は、このチェック ボックスをオンにします。
    5. [サーバーには認証が必要です] は、デフォルトで有効になります。
  5. SMTP 資格情報を入力して、E メール設定を構成します。次のいずれかのオプションを選択します。
    • 手動でパスワードを入力: [ユーザー名] と [パスワード] を入力します。
    • Version 11.3.1.10Version 11.3.5.2外部キー Vault から取得: [Safe 名] と [オブジェクト名] を入力します。
      注: Control Room で外部キー Vault 統合を設定している場合、[外部キー Vault から取得] オプションが表示されます。
  6. E メールを送信するには、次の条件のいずれかを選択します。
    • ユーザーが、ログイン画面からパスワードを忘れた場合のプロセスを開始する: ユーザーがログイン画面の [パスワードを忘れた場合] リンクをクリックすると、E メール通知がトリガーされます。
    • ユーザー情報が変更された場合にユーザーに送信: ユーザーの名と姓を更新すると、ユーザー アカウント情報に関する E メール通知が送信されます。
    • 初回ユーザー セットアップ時に確認 E メールを送信: デフォルトで有効になっており、初めてユーザー アカウントがセットアップされると、確認リンクを含む E メールがユーザーに送信されます。ユーザーは、この確認リンクをクリックし、Control Room のログイン資格情報を設定する必要があります。

      この機能を無効にした場合 (チェック ボックスをクリアする)、ユーザーは確認リンクを含まないウェルカム E メールを受信し、次の方法のいずれかによって Control Room にログインできます。

      • 管理者によって提供される資格情報 (Control Room DB 認証環境の場合)
      • Windows 資格情報 (Active Directory 環境の場合)
      • SSO 資格情報 (SAML 対応環境の場合)
    • ユーザーがアクティブ化、非アクティブ化、削除された場合: アカウントをアクティブ化、非アクティブ化、または削除すると、ユーザーに E メール通知が送信されます。
    • TaskBot の実行に失敗し停止した場合、それを起動した、または起動のスケジュール設定を行ったユーザーに送信: ユーザーが Bot Runner マシン上で実行するように Bot のスケジュール設定を行い、停止、タイムアウト、またはエラーが発生したために Bot が [デプロイ] または [実行] に失敗した場合、ユーザーに E メール通知が送信されます。
    • BLM パッケージがエクスポートまたはインポートされた場合、それを実行したユーザーに送信: ユーザーが BLM パッケージをエクスポートまたはインポートすると、ステータスを提供する E メール通知がトリガーされます。
  7. [変更を保存] をクリックします。
    1. 通知を無効にするには、[E メール通知を送信] チェック ボックスをオフにし、変更を保存します。
    2. E メール通知設定に対するすべての更新が、[監査ログ] ページに記録されます。
  8. 各監査エントリの詳細を表示するには、必要なデータの縦の省略記号アイコンをポイントし、[監査の詳細] アイコンをクリックします。
  9. 開かれた詳細ページには、変更された項目が表示されます。
フィードバックを送る