Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot: バージョン管理の設定

  • 更新済み: 7/09/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Bot: バージョン管理の設定

Control Room 管理者は、TaskBotMetaBot、ドキュメント、レポート、スクリプト、実行可能ファイル、ワークフローなどが含まれている可能性のあるファイルの編集を管理するために、Control Roomの設定でバージョン管理を設定できます。

Control RoomSubversion Version Controlと統合されているため、すべてのファイルでバージョン、チェックインまたはチェックアウト、バージョン履歴、バージョン ロールバックの各機能を容易に利用できます。デフォルトでは、この機能は無効になっています。

バージョン管理の前提条件

  • バージョン管理を有効にして Control Room から統合するには、SVN サーバーをインストールして設定する必要があります。
    注: Automation Anywhere Control Room は、SVN のさまざまなバージョンをサポートしています。「バージョン管理要件」をご覧ください。
  • 必要なアクセス権限を持つ SVN 管理者ユーザーを作成する必要があります。
  • すべてのバージョン管理ファイルを保存するための SVN リポジトリを作成する必要があります。

    開発環境や UAT 環境など、複数のControl Roomインスタンスに対して空でない SVN リポジトリを再利用すると、バージョンの詳細と既存の Bot の履歴が削除される可能性があります。開発と UAT のControl Roomインスタンスが異なる場合は、空の SVN リポジトリを再利用するか、新しい SVN リポジトリを作成します。

    注: Control Room と SVN が統合されると、Automation Anywhere Enterprise Client から SVN へのバージョン管理操作に関するすべての通信は Control Room を経由して行われます。

バージョン管理の設定を有効化/無効化した場合の影響

Control Room でバージョン管理の設定を有効または無効にすると、Enterprise ClientBot にアクセスして、これらを Control Room にアップロードする方法に影響が及びます。この設定を有効または無効にする場合、以下のリストに要約した影響に注意してください。

  • バージョン管理の設定を有効にすると、システムは、BotControl Room リポジトリから SVN リポジトリにアップロードします。

    SVN 同期の間、Control Room リポジトリは読み取り専用モードとなり、ロックされます。アップロード、削除、プロダクト バージョンの設定、チェックアウト/チェックイン/チェックアウトの取り消し、強制的なロック解除などのアクションは実行できません。

  • バージョン管理設定を無効化すると、チェックアウト状態のファイルは、Control Room 管理者による強制的なロック解除のために一覧表示されます。チェックアウト済みのファイルをロック解除した場合のみ、この設定を無効にすることができます。
  • バージョン管理の設定を再度有効にすると、以下の操作を実行できます。
    • 以前に Bot をアップロードしたリポジトリに接続する。既存の Bot のバージョン履歴も保持されます。結果として:
      • 更新されていない Botバージョン既存のままです。
      • 更新されている Bot については、新しいバージョン作成されます。
      • [実稼働バージョンを割り当てない。手動で割り当てる] オプションを選択すると、実稼働バージョンは設定されません。
      • [Bot の最新バージョンをプロダクト バージョンとして自動的に割り当てる] オプションを選択すると、プロダクト バージョンBot の最新バージョンに設定されます。
    • エラーを回避するには、空の新しいリポジトリに接続します。以前のリポジトリのバージョン履歴は保持されません。実稼働バージョンを手動または自動で設定することもできます。

バージョン管理システム設定でのすべての更新は、監査ログ ページに記録されます。

フィードバックを送る