Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

システムによって作成されるロール

  • 更新済み: 5/08/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

システムによって作成されるロール

Automation Anywhere の導入を計画する際、Automation Anywhere の機能の実行に必要なライセンス、ロール、およびユーザーを検討します。このトピックでは、デフォルトのロールとそれに関連付けられている権限について説明します。

Automation Anywhere の機能へのアクセスは、Control Room に適用されるライセンスと、ユーザーに割り当てられたロールの組み合わせによって定義されます。

システムによって作成されるロールは、Control Room のインストール時に事前設定されます。これらのロールを削除または編集できません。これらのロールに関しては、ユーザーへの割り当てと割り当て解除のみが行えます。

デフォルトのロール 説明
AAE_Admin

(ID: 1)

すべての機能 (他の管理者ユーザーの作成を含む) にアクセスでき、すべてのフォルダーとファイルにアクセスできます。Control Room の設定にアクセスできるのは、このロールのみです。
AAE_Basic

(ID: 2)

マイ タスク フォルダーの TaskBot をアップロードおよびダウンロードする権限をユーザーに付与します。他の機能へのアクセスは制限されています。
AAE_Bot Insight Admin

(ID: 3)

Bot Insight のデータを表示および管理する権限をユーザーに付与します。Control Room 機能への限定的なアクセス権が付与されます。(Bot Insight のライセンスがインストールされている場合)。

このロールを割り当てられたユーザーは、Bot Insight RESTful API にアクセスすることにより、Control Room によって記録されたデータや、実稼働環境での実行時にタスクによって記録されたデータにアクセスできます。

AAE_Bot Insight Consumer

(ID: 5)

ユーザーは、Bot Insight でデータを表示でき、Control Room 機能への限定的なアクセス権が付与されます。(Bot Insight のライセンスがインストールされている場合)。
AAE_Bot Insight Expert

(ID: 6)

ユーザーは、Bot Insight でデータを管理でき、Control Room 機能への限定的なアクセス権が付与されます。(Bot Insight のライセンスがインストールされている場合)
AAE_Bot Store Consumer

(ID: 15)

Bot パッケージまたは デジタルワーカーBot Store から Control Room リポジトリにダウンロードする権限をユーザーに付与します。
AAE_BotFarm Admin

(ID: 8)

ユーザーに BotFarm 管理者権限へのアクセスを付与します。
AAE_BotFarm Agent

(ID: 7)

ユーザーは、自分に付与された権限を表示および管理できます。
AAE COE 管理者

(ID: 16)

運用およびビジネス分析用のダッシュボードやデータを表示・管理する権限をユーザーに付与します。
AAE_IQ Bot Admin

(ID: 14)

ユーザーに IQ Bot 管理者権限へのアクセスを付与します。
AAE_IQ Bot Services

(ID: 9)

ユーザーは IQ Bot コンソールにアクセスできますが、Control Room 機能への限定的なアクセス権を付与します。
AAE_IQ Bot Validator

(ID: 4)

このロールが割り当てられたユーザーは、IQ Bot バリデーター のスクリーンにアクセスでき、Control Room 機能への限定的なアクセス権を付与します。(Bot RunnerIQ Bot のライセンスを所有している場合)
AAE_Locker Admin

(ID: 3)

すべての資格情報とすべてのロッカーを表示できます。ロッカー管理者は、自分が所有していない資格情報の所有者を変更できます。自分が所有していないロッカーに対しても、削除、権限の編集、資格情報の削除を行えます。

注: この権限は、Control Room の管理者ロールには適用されません。
AAE_MetaBot Designer

(ID: 13)

ユーザー にEnterprise Client から Bot Creator MetaBot Designer へのアクセス権限を付与しますが、Bot やサポート ファイルを表示することは許可しません。

注: Control Room 11.1 以前の MetaBot Designer にアクセスできていた移行済みユーザー (Bot Creator) は、引き続き Designer にアクセスできます。
AAE_Pool Admin

(ID: 11)

すべてのデバイス プールを表示および管理する権限をユーザーに付与します。

注: AAE_Pool Admin ロールが割り当てられているユーザーに、Bot およびサポート ファイルを表示する権限はありません。
AAE_Queue Admin

(ID: 10)

すべてのキューを表示および管理する権限をユーザーに付与します。

Bot InsightBotFarm、および IQ Bot のロールが表示されるのは、それぞれのライセンスがある場合に限られます。Bot InsightBotFarm、および IQ Bot のロールが表示されるのは、それぞれのライセンスがある場合に限られます。

フィードバックを送る