Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ロールの Bot 権限

  • 更新済み: 5/08/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

ロールの Bot 権限

ロールの作成時に Bot 権限を割り当てることができます。権限を割り当てるフォルダーを選択すると、以後、このフォルダーに追加したすべての Bot やファイルに対して、ロールの権限が自動的に適用されます。

MetaBot は、個別の MetaBot ファイルと、これらの MetaBot を含むフォルダーに対するロール ベースのアクセス制御 (RBAC) をサポートしています。MetaBot は、Control Room にアップロードされた時点で、直属する親フォルダーの権限を継承します。個々の MetaBot ファイルで権限を変更するには、手動で実行する必要があります。
注: 適用された権限が MetaBot ファイルとそのフォルダー間で異なる場合は、MetaBot のファイルレベルで適用された権限が優先されます。

TaskBot および MetaBot 権限

TaskBot および MetaBot については、次の権限から選択できます。
  • すべて選択: この権限には、実行 + スケジュールアップロードダウンロード実行 (MetaBot の場合のみ)、削除の各アクションが含まれます。
  • 実行 + スケジュール これには、実行とスケジュールの権限が含まれます。これにより、ユーザーは TaskBotおよび MetaBot を実行またはスケジュール設定できます。この権限は、ユーザーが マイ Bot を実行 またはスケジュール設定してマイ Bot を実行権限のいずれかを持っている場合のみ有効になります。
    注: 実行 + スケジュール権限は、ユーザーがフォルダーへのダウンロード権限を持っている場合に Bot を実行したり、スケジュールを設定したりすることができるという、11.0 以前の動作を置き換えるものです。
    • ユーザーが [マイ Bot を実行] 権限を持っている場合、この権限は [実行] と呼ばれます。特定のフォルダーに対する [実行] 権限を明示的に選択すると、ユーザーは、このフォルダーに属するすべての Bot を実行できます。
    • 同様に、ユーザーが [マイ Bot の実行をスケジュール] 権限を持っている場合、この権限は [スケジュール] と呼ばれます。特定のフォルダーに対する [スケジュール] 権限を明示的に選択すると、ユーザーは、このフォルダーに属するすべての Bot をスケジュール設定できます。
    • ユーザーが両方の権限を持っている場合、この権限は [実行 + スケジュール] と呼ばれます。この権限を特定のフォルダーに対して選択すると、ユーザーは、このフォルダーに属するすべての Bot を実行およびスケジュール設定できます。
  • アップロード: この権限では、TaskBot および MetaBot のファイルやフォルダーを Control Room にアップロードできます。
  • ダウンロード: この権限では、TaskBot および MetaBot のファイルやフォルダーを Control Room から Enterprise Client へダウンロードできます。
    注: ダウンロード権限をユーザーに付与すると、実行権限が自動的に有効になるため、ユーザーは、ダウンロードした MetaBot の内容を表示するか編集するかのいずれかを選択できます。
  • 実行: この権限は、タスクで MetaBot を使用できる MetaBot に対してのみ使用できます。
  • 削除: この権限では、Control Room からファイルやフォルダーを削除できます。
フィードバックを送る