Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

データの確認と移行

  • 更新済み: 7/26/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

データの確認と移行

MetaBot、スケジュール、資格情報など、選択したロール、ユーザー、Bot に関連したデータを、依存型データまたは関連データとともに確認して確定します。

前提条件

[設定] タブで選択したオプションに基づいて、[ロール]、[ユーザー]、[Bot]、[スケジュール]、[資格情報] タブが表示されます。
注: Control Room の移行は一時停止できません。ただし、キャンセルして変更を元に戻すことができます。

手順

  1. 選択した [ロール] が移行可能であることを確認します。
    [設定] タブの [Bot とスケジュールを除外] オプションが選択されている場合、[Bot] タブと [スケジュール] タブは表示されません。
  2. 選択した [ユーザー] と、選択したロールに基づいて含められたユーザーが移行可能であることを確認します。
  3. 選択した [Bot] が移行可能であることを確認します。
    [Bot] タブには、親 Bot に追加された依存型 Bot またはファイルは表示されません。移行処理が完了した後、依存型 Bot とファイルは [移行処理の詳細] ページに表示されます。
  4. Bot に関連する [スケジュール] が移行可能かどうかを検証します。
  5. ユーザーに関連するシステムの [資格情報] が移行可能かどうかを検証します。
  6. [データを移行] をクリックし、プロンプトが表示されたら操作を確定します。

次のステップ

移行処理が完了した後、各エンティティ (ロール、ユーザー、Bot、スケジュール、履歴、資格情報) のステータスが別々のタブに表示されます。記録の保存およびコンプライアンスを目的として、移行の詳細を CSV ファイルにエクスポートできます。

移行ステータスを分析して、移行処理を再実行する必要があるかどうかを判断します。

フィードバックを送る