Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

移行するロールの選択

  • 更新済み: 5/12/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

移行するロールの選択

すべてまたは選択したロールを移行元から移行先の Control Room に移行します。ロールを選択すると、ライセンス、ユーザー、資格情報、過去のアクティビティ、スケジュールなどの他の関連データも移行されます。

前提条件

このタブは、[設定] タブで [ロールと関連データ] を選択した場合にのみ表示されます。

ロールを選択する前に、次の考慮事項を確認します。

  • Bot とファイルは、アップロード、ダウンロード、または削除の少なくとも 1 つのフォルダー アクセス許可を持つユーザーに基づいて移行されます。
  • Bot とスケジュールを移行する前にすべてのシステム ロールを移行して、フォルダーのアクセス許可がシステム ロールに正しく割り当てられるようにします。
  • 移行元の 10.x Control Room からのシステム定義のロールは、対応する移行先 Control Room に自動的にマップされます。
  • 同様に、ソースの 10.x Control Room からのものでシステムが定義したユーザー許可は、Control Room へとマッピングされます。
  • アップロード、ダウンロード、削除のいずれかの権限を持つロールは、移行時にはデフォルトで実行/スケジュールの権限が与えられています。
  • ユーザーが定義した同じ名前のロールには、名前の後ろに _1 が付きます。
  • 移行先 Control Room にすでに含まれている移行元 Control Room からのスケジュールは同じ名前で移行されます。
  • 次回に移行を実行する際に [選択可能なロール] リストには、移行されるかどうかにかかわらず、すべてのロールが表示されます。

手順

  1. すべてのロールを選択するには、[選択可能なロール] リストで [ロール名] の横にあるチェックボックスをオンにします。
    あるいは、リストから各ロールを選択します。
    注: 選択可能なロール には、10.x Control Room データベースに存在するすべてのロール (システム定義およびユーザー定義のロール) が表示されます。
  2. ロールを [選択済み] リストに追加します。
  3. [次へ] をクリックします。

次のステップ

データを確認して検証するには、データの確認と移行 のタスクを参照してください。
フィードバックを送る