Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

移行 よくある質問

  • 更新済み: 5/07/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

移行 よくある質問

移行関連の特定のシナリオに関する質問の答えを見つけることができます。

  1. 移行先 Control Room に存在するユーザーまたは移行元 Control Room から削除されたユーザーによって作成されたスケジュールは移行されますか。

    いいえ、それらのスケジュールは移行されません。

    • 移行元でスケジュールを作成した Active Directory ユーザーが移行先に存在する場合は、次の理由により、移行の初回実行時に [スケジュール] のステータスに [失敗] と表示されます。
      同名のユーザーがすでに存在するため続行できません
    • 移行元でスケジュールを作成した非 Active Directory ユーザーが移行先に存在しないか、移行先で削除されている場合は、次の理由により、移行の初回実行時に [スケジュール] のステータスに [失敗] と表示されます。

      このスケジュールでユーザー「<username>」は存在しません

    ユーザーの移行の詳細については、「移行するユーザーの選択」をご覧ください。

  2. IQ Bot[マイ リスト] は 11.2 以降で廃止される予定です。依存関係ファイルまたは [マイ リスト] に存在するファイルとして IQ Bot を持つ Bot はどうなりますか。

    IQ Bot の依存関係と [マイ リスト] は 11.2 で廃止予定のため、フィルターから除外されます。プレビューでは一覧表示されません。

    Bot の移行の詳細については、「移行する Bot の選択」をご覧ください。

  3. 現在、Control Room LTS を使用しており、Control Room 11.2 への移行を考えています。[リポジトリ パス] フィールドの値はどうなりますか。

    [リポジトリ パス] は同じままですが、11.2 への移行後にこのフィールドは無効になります。

    移行元の [リポジトリ パス] の指定の詳細については、「ソースの Control Room データベースに接続」をご覧ください。

  4. Automation Anywhere 11.2 または 11.x バージョン以前から Automation Anywhere 11.3 に移行しました。バージョン 11.2 またはバージョン 11.x 以前で表示されなくなったスケジュールについては、どのような点に気を付けて復元しますか。

    バージョン 11.3 にアップグレードした後、スケジュール ページにすでに存在し表示されているスケジュールについては、[スケジュール] ページの最初の週からなくならないように、まずそれらのスケジュールを非アクティブ化してから再度アクティブ化にすることをおすすめします。

    重要: (この注記は バージョン 11.3.2 以前の 11.x バージョンには該当しません) 現在とは異なる平日に開始されたスケジュールのみを非アクティブ化してからアクティブ化することができます。たとえば、毎週のスケジュールが月曜日に実行されるように設定されていて、スケジュールの最初の実行も月曜日の 13:00 になっている場合、最初に月曜日以外の日にスケジュールを非アクティブ化 / アクティブ化します。月曜日に 13:00 に実行された後にのみ、非アクティブ化 / アクティブ化できます。次のテーブルを参照してください。
    スケジュール名 スケジュールの日付、曜日、時刻 アクション
    スケジュール -1 01/07/19、月曜日、13:00 非アクティブ化および再アクティブ化しないでください。スケジュールが実行された後にのみこのアクションを実行してください。
    スケジュール -2 01/08/19、火曜日、13:00 非アクティブ化してから再アクティブ化
    スケジュール -3 01/09/19、水曜日、13:00 非アクティブ化してから再アクティブ化

    スケジュールを回復する方法について詳しくは、トピック「アップグレード後にスケジュールを復元する Automation Anywhere Enterprise 11.3 にアップグレードした後」を参照してください。

    Automation Anywhere 11.2.1 からアップグレードする顧客は、そのバージョンでは問題が修正されているため、このトピックに記載されているリカバリー手順を実行する必要はありません。
  5. 10.x からバージョン 11.3.x.x に移行する際の特別な考慮事項はありますか。

    Control Room では、既存の顧客が以前の Automation Anywhere バージョンからデータを移行できる組み込みの移行ツールが提供されています。10 SP2、10 LTS からバージョン 11.3.x.x への移行 10 LTS (10.3) よりも前のバージョンの場合、お客様は 2 段階の移行処理を実施する必要があります。まず、10 LTS にアップグレードしてから、バージョン11.3.1 にアップグレードする必要があります。

    重要: データの移行は、Control Room データベースについては、SQL データベース インスタンスから別の SQL データベース インスタンスに、Bot Insight データベースについては、PostgreSQL インスタンスから別の PostgreSQL インスタンスのみで行うことができます。

    現在のバージョンでは、Microsoft SQL Server から Oracle Server への Control Room データベースの移行と、PostgreSQL Server から Microsoft SQL Server への Bot Insight データベースの移行はサポートされていません。

  6. Version 11.3.3 アクティビティの履歴の 10.x からバージョン 11.x に移行する際の特別な考慮事項はありますか。
    • バージョン 10.x からは、対応するユーザーおよび Bot を移行する必要があります。「移行する Bot の選択」をご覧ください。
    • 10.x の完全修飾ドメイン名 (FQDN) を利用する同じデバイスまたは Client を使用し、移行された同じユーザーでログインする必要があります。

      例: John が 10.x で MY-DEVICE-NAME.COM デバイスにログインした場合、11.x では同じユーザーの John が同じ MY-DEVICE-NAME.COM デバイスにログインする必要があります。

  7. Version 11.3.3アクティビティの履歴は API を使用して移行できますか。

    はい。アクティビティの履歴の移行は API と UI の両方に対応しています。

  8. Version 11.3.3マシンがウイルスに感染して破壊されました。アクティビティの履歴は移行できますか。
    いいえ。アクティビティの履歴は移行できません。アクティビティの履歴の移行では、同じマシンを使用する必要があります。また、移行処理は同じマシンが利用できないと、次の理由により失敗する場合があります。
    • 仮想マシンが破壊されている。
    • 同じマシンを使用していますが、ホスト名が変更されている。
フィードバックを送る