Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

進行中のアクティビティの詳細を表示

  • 更新済み: 5/05/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

進行中のアクティビティの詳細を表示

Control Room 内で Bot での進行中のオートメーションすべてをリアルタイムで表示、モニタ、管理することができます。

前提条件

次の権限が必要です。
  • 全員の進行中のアクティビティを表示
  • 進行中のアクティビティを表示
  • 対応するフォルダー権限を使用して自分の Bot を実行

手順

  1. アクティビティ > 進行中 の順にクリック
  2. 進行中のオートメーションを選択します。
  3. 表示アイコンをクリックします。
    [進行中のアクティビティを表示] ページが開始されます。これには次の詳細が表示されます。
    領域 説明
    Bot + 依存関係 Bot 名と、スケジュール設定済み Bot の依存関係。
    デバイス Bot に接続されているデバイス名。
    名前 + 説明 アクティビティの名前と説明です。デフォルトでは、Bot 名、日付、時間、および Bot を実行したユーザーの名前が表示されます。
    実行の詳細 Bot に関する実行の詳細です。これには以下の項目が含まれます。
    • 進行状況: Bot の進捗 (%)
    • ステータス: アクティブ、一時停止、不明、またはユーザー入力を待機
    • 開始日: Bot が実行された日時
    • 行 + コマンド: 現在の行番号と、その行のコマンド名
      注: Version 11.3.3コマンドの詳細は、Bot Store からダウンロードして保護された Bot では表示されません。
    詳細事項 Bot の実行の詳細は以下のとおりです。
    • 最終更新日: Bot が最後に変更された日時。
    • 更新者: Bot を最後に変更したユーザーの名前。
      注: Version 11.3.4フォルダーを最後に変更したユーザーに関する情報を表示するには、ユーザーの基本的な情報の表示権限を持っている必要があります。
    • オブジェクト タイプ: Bot の実行など、Bot のオブジェクトのタイプ。
  4. アクティビティの一時停止、再生、停止、または過去のアクティビティ ページへのアクティビティの移動を選択します。
    1. [一時停止] されている Bot を実行するには、[再生] をクリックします。
    2. アクティブ (進行中) の Bot を中断するには、[一時停止] をクリックします。
    3. 進行中の Bot を停止するには、[停止] をクリックします。
      アクションを確認するメッセージが表示されます。
      • [はい、停止します] をクリックすると、[進行中] ページに戻ります。
      • [いいえ、キャンセルします] をクリックすると、[進行中のアクティビティを表示] の詳細ページに戻ります。
    4. [履歴に移動] をクリックして、不明なステータスのアクティビティを、[進行中のアクティビティ] ページから [過去のアクティビティ] ページに移動します。
    注: [進行中のアクティビティを表示] ページから、キューがあるオートメーションの一時停止 / 再開、または停止を行うことはできません。これらの操作は、[オートメーションを表示] オプションを使用して、[ワークロード] → [キュー] ページから実行できます。「作業項目を管理する」をご覧ください。
フィードバックを送る