Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

アクティビティの表示と管理

  • 更新済み: 4/15/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

アクティビティの表示と管理

[スケジュール設定済みアクティビティ] ページでスケジュールされたアクティビティを表示し、管理できます。[スケジュール設定済みアクティビティ] ページにアクセスするには、Control Room にログインし、[アクティビティ] > [スケジュール設定済み] の順にクリックします。

前提条件

スケジュールの編集、表示、アクティブ化、非アクティブ化、削除などのタスクには、次の権限が必要です。

  • スケジュールされた Bot を表示
  • Bot を表示

ロールの作成」をご覧ください。

手順

  1. Bot をスケジュール設定します。
  2. 検索バーの [アクティビティ名] 列に検索パラメーターを適用します。
    ヒント: 同じ列に対して検索パラメーターを指定すると、OR 演算子を使用して検索が行われます。別の列に対して検索パラメーターを指定すると、AND 演算子を使用して検索が行われます。
  3. アクティビティ テーブルで次の項目を監視します。
    1. スケジュールのタイプ。たとえば、[1 回][繰り返し] があります。
    2. 実行のスケジュールが設定された Bot次のオカレンス
    3. アクティビティ名。たとえば、フォルダーやループ内のファイルをリストすることが考えられます。
    4. Bot。たとえば、monthly-payroll.atmx などです。
    5. スケジュールの説明。たとえば、"毎週月曜日の午後 3 時" のように表示されます。
    6. スケジュール設定された時刻に Bot が実行されるデバイス
    7. スケジュール設定済みアクティビティのステータス。たとえば、"アクティブ" や "非アクティブ" のように表示されます。
    8. アクティビティを最後に変更したユーザー名。
      注: アクティビティを最後に変更したユーザーに関する情報を表示するには、[ユーザーの基本情報を表示] 権限を持っている必要があります。
    9. アクティビティを最後に変更した日時。
  4. 複数のアクティビティのセットに対して、次のテーブル レベルのアクションを実行することもできます。
    1. スケジュール ページを更新します。
    2. スケジュールをアクティブ化または非アクティブ化します。
    3. スケジュールを削除します。
    4. 選択したスケジュールを CSV 形式でエクスポートします。
    5. [列をカスタマイズ] を使用して、[アクティビティ] テーブルで表示または非表示にする列を選択します。
  5. スケジュールごとに以下のタスクを実行します。
    1. スケジュール設定済みの Bot編集します。
    2. スケジュール設定済みの Bot表示します。
    3. スケジュール設定済みの Botアクティブ化または非アクティブ化します。
    4. スケジュール設定済みの Bot削除します。
フィードバックを送る