Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot をスケジュール設定

  • 更新済み: 9/14/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Bot をスケジュール設定

後の時点で、定期的に、または特定の時点で Bot を実行するには、[Bot をスケジュール設定] ページを使用します。

前提条件

次の権限が必要です。
  • 全員の進行中のアクティビティを表示
  • スケジュールされた Bot を表示
  • マイ Bot を表示
注:
  • 実行とスケジュールの権限を持っているフォルダーにのみアクセスできます。
  • Control Room から Attended Bot をスケジュール設定することはできません。スケジュール操作で選択できるのは、Unattended Bot のみです。

次のいずれかの Control Room ページから Bot をスケジュールすることができます。

  • [アクティビティ] > [進行中]
  • [アクティビティ] > [スケジュール済み]
  • [Bot] > [マイ Bot]
  • [デバイス] > [Bot Runner と Bot Creator]

手順

  1. [進行中][スケジュール設定済み][マイ Bot][Bot Runner と Bot Creator] などの適切なページで、[Bot をスケジュール設定] リンクをクリックします。
    [Bot をスケジュール設定] ページが開きます。
  2. [TaskBot を選択] エリアで、要件に応じてフォルダーの 1 つをクリックします。
    選択可能な Botタイプ と名前が表形式で右側に表示されます。
  3. Bot をクリックし、要件に応じて TaskBot を選択します。
    [選択] オプションが有効になります。
  4. [選択] をクリックします。
    これで Bot のスケジュールを設定する準備が整いました。選択した Bot の依存関係は、[<bot name> の依存関係を確認] セクションで確認できます。
    注: [選択] をクリックすると、オプションのラベルが [置換] に変わります。これにより、別の Bot を選択して、選択された Bot を置き換えることもできます。
    次のような場合には、Bot をスケジュール設定することはできますが、オートメーションは失敗します。
    • Bot の依存関係のいずれかが欠けている場合
    • 依存関係でフォルダー権限がない場合
    • [実行およびスケジュール] 権限がない場合 (赤い依存関係アイコンが表示されます - 依存関係アイコン。)
  5. [次へ] リンクをクリックします。
    [スケジュールおよびデバイス] タブが表示されます。Bot をスケジュールするには、次の 2 つのオプションから選択します。[一度実行] または [繰り返し実行]
    • 一度実行: このオプションを使用して、特定の日の指定した時刻に Bot を 1 回実行します。このオプションを選択した場合は、開始日と開始時刻を入力します。
    • 繰り返し実行: このオプションを使用して、特定の日に指定した間隔で Bot を実行するようにスケジュール設定します。このオプションを選択した場合は、開始日、終了日、開始時刻を入力します。
      • [開始日] は、MM/DD/YYYY 形式で手動入力するか、ポップアップ カレンダーを使用して入力します。[開始日] のデフォルト値は、ローカル システムで設定されている現在の日付です。
        [繰り返し実行] オプションを使用する場合は、[終了日] を入力します。[終了日] フィールドのデフォルト値は空白です。
        注: [開始日] フィールドで選択した値が現在の日付の場合は、スケジュール設定する時刻を現在の時刻より後にする必要があります。また、[終了日] フィールドの値は [開始日] フィールドの値よりも後にする必要があります。
      • Version 11.3.3ドロップダウン リストを使用して簡単に時刻を設定し、[開始日] を入力できます。このリストには、事前定義された時刻の値が 15 分間隔、12 時間形式で表示されます。また、12 時間形式で時刻の値を手動で設定することもできます。ただし、これはドロップダウン リストから選択できません。[開始日] フィールドのデフォルト値は、15 分以上先で 30 分単位に切り上げられた時刻が設定されます。たとえば、現在の時刻が 11:22 AM である場合、時刻は 12:00 PM と表示されます。
      • タイム ゾーン: スケジュールの作成時と編集時に、開始時刻のタイム ゾーンを選択できます。タイム ゾーンのデフォルト値は、システムの現在の場所に設定されます。
      注: スケジュールは、スケジュールの作成時または編集時に選択されたタイム ゾーンに基づいて実行されます。
      夏時間 (DST) の切り替えを考慮してスケジュールの時間を選択する方法の詳細は、「スケジュールにおける夏時間とタイム ゾーンの選択」を参照してください。
  6. [一度実行] または [繰り返し実行] のオプションを選択したら、[選択可能なデバイス] 領域からデバイスを選択してクリックし、矢印ボタンを使用して選択したデバイスの領域に移動します。
    リストには、Control Room に接続または接続解除されたデバイスが表示されます。
    注: 選択できるのは、接続されている Bot Runner デバイスのみです。デバイスが接続されていない場合、このボタンは有効になりません。また、デバイスがリストに表示されていない場合、アクティブな Bot Runner セッションがデバイスで実行されていることを確認します。
  7. オプション: Control RoomBot Runner セッションの RDP を使用してローカル メモリで実行する場合、[Control Room で Bot Runner セッションを実行する] を選択します。
    自動ログイン で問題が発生した場合は、このオプションを使用します。また、[Bot Runner の画面解像度を設定] オプションで Bot Runner の RDP 画面解像度を設定し、Bot Creator の画面解像度と Bot Runner が一致して Bot が正常に実行されていることを確認することもできます。
    詳しくは、「RDP ベースの Bot デプロイに関するガイドライン」をご覧ください。
    注: このオプションを選択した場合、Bot の導入と Bot Runner セッションの実行に関する独立した監査ログが Control Room に記録されます。「Bot の導入の実行および Bot Runner セッションの監査ログ」をご覧ください。
    選択されたデバイスのリストにデバイスが追加された後、そのデバイスの [今後のスケジュール] が表示されます。これは、別のスケジュールを追加するか否かを判断する上で役立ちます。
  8. [次へ] リンクをクリックします。
    [名前と説明] タブが表示されます。
  9. [一般] 領域に名前と説明を入力して、[Bot をスケジュール設定] オプションをクリックします。
    Bot が、スケジュール設定済みアクティビティ ページの アクティビティ テーブルに追加されます。
    注: [Bot をスケジュール設定] オプションは、すべての必須項目 (Bot、スケジュールの詳細、デバイスなど) が選択されないうちは無効のままです。
フィードバックを送る