Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

過去のアクティビティを管理

  • 更新済み: 5/08/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

過去のアクティビティを管理

[過去のアクティビティ] ページには、これまでに発生したすべてのオートメーションが時系列で一覧表示されます。このページを使用してアクティビティを再実行することもできます。また、テーブル内のデータを CSV 形式でエクスポートしたり、列をカスタマイズしたり、テーブル内のリストを更新したりすることもできます。

前提条件

次の権限が必要です。

  • 導入またはスケジュール設定したすべての完了済みオートメーションを表示するための [進行中のアクティビティを表示] 権限。
  • 他のユーザーが実行またはスケジュール設定したすべてのオートメーションを表示するための [全員の進行中のアクティビティを表示] 権限。

    注: [過去のアクティビティ] ページのアクティビティを表示するには、対応する Bot[実行 / スケジュール] 権限が必要です。

Version 11.3.5Bot の削除履歴は、過去に権限を持っていた場合に表示できます。ただし、[履歴アクティビティ] のランディングページと [履歴アクティビティを表示] ページからは、削除した Bot を実行できません。

手順

  1. 正常に完了したかどうかを問わず、実行が終了したすべてのアクティビティのリストを表示します。たとえば、アクティビティが実行できない場合は、このページを使用して、そのようなアクティビティのステータスを確認します。
    要確認: 情報は、BotBot Creator によって Control Room リポジトリにアップロードされている場合にのみ [過去のアクティビティ] ページにキャプチャされます。
  2. 検索バーで [ステータス][デバイス名][オートメーション名][ユーザー]、および [Bot 名] の各列に検索パラメーターを適用します。
    ヒント: 同じ列に対して検索パラメーターを指定すると、OR 演算子を使用して検索が行われます。別の列に対して検索パラメーターを指定すると、AND 演算子を使用して検索が行われます。
  3. 効率を高めるため、列で次のアクションを実行します。
  4. [アクティビティ] テーブルで以下を確認します。
    • アクティビティのステータス (不明、完了、失敗、停止、タイムアウトなど)。
    • オートメーションが実行されている Bot Runner (デバイス名) マシンの名前。
    • オートメーションの名前。
    • Bot の名前です。
    • デバイス上で特定のアクティビティまたはオートメーションを実行するために使用されたアカウントを持つユーザーの名前。
    • アクティビティが完了した日時。
  5. 複数のアクティビティのセットに対して、次のテーブル レベルのアクションを実行することもできます。これらのアクションは、個々の項目レベルではなく、テーブル レベルのみで実行できます。
    1. テーブルを更新します。
    2. 選択したアクティビティを CSV 形式でエクスポートします。
    3. 選択した列をカスタマイズします。
  6. [過去のアクティビティ] ページの各項目に対して以下のタスクを実行します。
    • アクティビティの詳細を表示します。
    • Bot を実行します。
      ヒント: アクティビティを再実行するには、アクション アイコンの上にマウス カーソルを移動し、[実行] アイコンをクリックします。
      [実行] アイコンをクリックすると、Bot の値がすべて入力された [すぐに Bot を実行] ページが開きます。ここで Bot に変更を加えて Bot を再実行できます。
    • テーブルから CSV ファイルへデータをエクスポートします。

      CSV にデータをエクスポート

    注: Version 11.3.3Bot がローカルの Unattended または Attended Bot RunnerBot Creator マシン、あるいはその両方で実行されている場合、[表示] および [Bot を実行] アクションはその特定のアクティビティに利用できません。
フィードバックを送る