Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

スケジュールにおける夏時間とタイム ゾーンの選択

  • 更新済み: 8/05/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

スケジュールにおける夏時間とタイム ゾーンの選択

スケジュールにおける夏時間 (DST) の切り替えとタイム ゾーンの選択。

夏時間 (DST) の切り替えが発生する場合は、切り替えの時間帯に、時刻が進められるか、または戻されます。DST が開始するとき、午前 2 時になると午前 3 時に時計を進めます。DST が終了するとき、午前 2 時になると時計は午前 1 時に 1 時間戻されます。切り替えの時間帯にトリガーされるスケジュールを設定している場合は、DST の切り替えが発生した場合に予定どおりにスケジュールが実行されることを確認します。

注:
  • Control Room へのログインが機能するには、分散環境にあるすべてのアプリケーション サーバーが同じタイム ゾーンに属している必要があります。
  • 既存のスケジュールがある場合は、スケジュールの時刻を編集し、スケジュールが DST の切り替えの時間帯に設定されていないことを確認するようお勧めします。
  • DST の切り替え中にスケジュールを作成すると、自動的に 1 時間後として作成されます。

その他のデフォルトのスケジュール動作については、テーブルをご覧ください。

Version 11.3.2

DST 切り替え中のスケジュール動作

このテーブルは、DST の切り替え中に Bot がスケジュール設定される場合のデフォルトのスケジュール動作を示しています。
スケジュール タイプ スケジュール動作
一度実行 スケジュールは 1 回だけ実行されます。たとえば、スケジュールが夏時間の開始日に実行するよう設定され、切り替え時刻が 2:30 の場合は 3:30 に実行されます。
繰り返し実行 > 毎月 スケジュールはスキップされます。たとえば、スケジュールが夏時間の開始日の切り替え時間内に実行するよう設定されている場合は、実行されません。この場合は、スケジュール時刻を切り替え時間の前後にするようおすすめします。
繰り返し実行 > 毎週 スケジュールは、スケジュールの日時に基づき 1 時間後に先送りされるか、スキップされます。以下に例を示します。
  • 週単位のスケジュールの最初のインスタンスが、夏時間の開始日の切り替え時間内に設定されている場合は、1 時間後に先送りされます。
    注: ここでの最初のインスタンスは、開始日の最初の日を表します。
  • ただし、週単位のスケジュールの後続のインスタンスが、夏時間の開始日の切り替え時間内に設定されている場合は、スキップされます。
繰り返し実行 > 毎日繰り返し > n 時間または分ごとに繰り返し スケジュールは、スケジュールの日時に基づき 1 時間後に先送りされるか、スキップされます。以下に例を示します。
  • 日単位のスケジュールの最初のインスタンスが、夏時間の開始日の切り替え時間内に設定されている場合は、1 時間後に先送りされます。
    注: ここでの最初のインスタンスは、開始日の最初の日を表します。
  • ただし、日単位のスケジュールの後続のインスタンスが、夏時間の開始日の切り替え時間内に設定されている場合は、スキップされます。
フィードバックを送る