Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

アクティビティの概要

  • 更新済み: 5/08/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • プロセス フロー

アクティビティの概要

[アクティビティ] 管理ページを使用して、スケジュール設定済みや進行中のアクティビティを表示します。また、Bot で実行されたアクティビティの時系列の履歴を表示することもできます。

Control Room[アクティビティ] セクションの情報を表示するには、[全員の進行中のアクティビティを表示][スケジュール設定済み Bot を表示]、および [マイ Bot を表示] の各権限とともに、適切なフォルダー レベルのアクセス許可が必要です。

ロールの Bot 権限」をご覧ください。

アクティビティを管理

進行中のアクティビティのモニタ
トリガーまたはスケジュール設定した進行中のオートメーション アクティビティを、Control Room[進行中のアクティビティ] ページで管理します。一時停止、停止、または再開の操作を使用して、1 つ以上のオートメーション アクティビティを管理します。
アクティビティの表示と管理
[スケジュール設定済みアクティビティ] ページでスケジュールされたアクティビティを表示し、管理できます。[スケジュール設定済みアクティビティ] ページにアクセスするには、Control Room にログインし、[アクティビティ] > [スケジュール設定済み] の順にクリックします。
過去のアクティビティを管理
[過去のアクティビティ] ページには、これまでに発生したすべてのオートメーションが時系列で一覧表示されます。このページを使用してアクティビティを再実行することもできます。また、テーブル内のデータを CSV 形式でエクスポートしたり、列をカスタマイズしたり、テーブル内のリストを更新したりすることもできます。

アクションを実行

Bot を実行
Bot は、実稼働環境に展開できるように Control Room リポジトリにチェックインする必要があります。[マイ Bot を実行] 権限を持つユーザーは、[進行中][スケジュール済み設定]、または [マイ Bot] ページから Bot を導入して実行することができます。
キュー付きの Bot の実行
1 つ以上のデバイス プール内にあるすべての Bot Runner にまたがってキューのすべての作業項目を集合的に処理します。
Bot をスケジュール設定
後の時点で、定期的に、または特定の時点で Bot を実行するには、[Bot をスケジュール設定] ページを使用します。
フィードバックを送る