Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

複数の環境にわたる CoE ダッシュボードを管理

  • 更新済み: 5/05/2020
    • 11.3.x
    • 最適化
    • Bot Insight
Version 11.3.3

複数の環境にわたる CoE ダッシュボードを管理

CoE ダッシュボードに導入された エクスポート および インポート 機能を使用して、ビジネスの情報とカスタマイズされた CoE ダッシュボードをさまざまな環境で管理します。

要件に応じてビジネス情報を構成し、CoE ダッシュボードをカスタマイズできます。はじめに、ソース環境でビジネス情報とカスタマイズされた CoE ダッシュボードを構成し、次にこれらを実稼働環境または移動先の環境で構成します。さまざまな環境での構成には時間がかかり、生産性に影響します。

エクスポートおよびインポート機能を実行すると、[名前を付けて保存] および [公開済み] ダッシュボードを含むすべてのダッシュボードが 1 つの環境から別の環境へと移動されます。ただし、CoE ダッシュボードのタスク実行データは移動されません。移動先の環境で、元のタスク実行データが維持されます。

フィードバックを送る