Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

オペレーション ダッシュボードのカスタマイズ

  • 更新済み: 5/05/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

オペレーション ダッシュボードのカスタマイズ

デフォルトのオペレーション ダッシュボードには、ホームBotデバイス監査およびワークロード ダッシュボードで利用可能なすべての情報が表示されます。デフォルトのダッシュボードをカスタマイズされたダッシュボードとして保存し、要件に固有の情報を表示させることができます。

デフォルトのダッシュボードには、さまざまな Bot Runner マシンで作成、展開、実行、予定された、Bot に関する情報が表示されますが、カスタマイズされたダッシュボードでは、さまざまなデータ ソースを使用した、Bot に関する特定の情報を可視化して分析できます。

このタスクでは、データ ソースの選択方法および棒グラフの追加方法に関するサンプル シナリオを提供し、実行予定の新しい Bot に関するインサイトを提供します。

手順

  1. Control Room にログインし、Bot Insight リンクをクリックしてオペレーション ダッシュボードにアクセスします。
  2. カスタマイズするデフォルトのオペレーション ダッシュボードを開きます。
  3. [名前を付けて保存] をクリックします。
  4. [名前を付けて保存] ウィンドウで、フィールドに Doc-sample と入力し、[OK] をクリックします。
  5. Doc-sample のカスタム オペレーション ダッシュボードを開きます。
  6. ダッシュボードで、プラス記号をクリックします。
  7. [新規チャートの追加] データ ソース ウィンドウで、[Bot スケジュール新規] をクリックします。
    また、特定のデータ ソースを検索する場合は、検索バーを使用してデータ ソースの名前を入力し、同じデータ ソースを選択します。
  8. [新規チャートを追加] ウィンドウで、[棒] をクリックします。
    [ホーム Bot スケジュール新規] ウィジェットがダッシュボードに表示されます。

    [ホーム Bot スケジュール新規] バーでは、X 軸に Bot スケジュールに関する情報が表示され、Y 軸に実行予定の Bot の数に関する情報が表示されます。オレンジ色は最小値、青色は最大値を表します。棒グラフには、自動タスク名に関する情報も表示されます。

次のステップ

カスタムの オペレーション ダッシュボードから次の機能を実行することもできます。
フィードバックを送る