Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

1 つの DLL でシンプルな MetaBot を構築

  • 更新済み: 4/17/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • Enterprise

1 つの DLL でシンプルな MetaBot を構築

カスタム DLL を MetaBot に追加して、自動タスクとデジタル ワーカーに基本的な入力と出力を提供します。

シンプルなカスタム DLL を作成して MetaBot に追加するために必要なすべてのタスクは、以下のとおりです。次に示されたとおりにタスクを実行します。

ステップ 1: シンプルな DLL を作成
このタスクでは、高度な Bot の構築に使用するシンプルなダイナミック リンク ライブラリ (DLL) を作成します。
ステップ 2: ベーシックな MetaBot を作成
Bot 開発者として、このタスクを実行して MetaBot
ステップ 3: MetaBot に DLL を追加
単一の DLL を MetaBot に追加して、動的入出力を有効にします。
ステップ 4: ベーシックな MetaBot‬ に ロジック とローカル変数を追加
ロジック MetaBot を追加して MetaBot のアクションや、このロジックがその他の ロジックBot とインタラクトする方法を定義します。
ステップ 5: ベーシックな MetaBot で変数を管理
MetaBot のローカル変数を作成」で作成した変数を管理します。
ステップ 6: ベーシックな MetaBot を組み立て
MetaBot のロジック、変数、その他のコンポーネントをすべて作成したら、これらを組み立てて、機能する MetaBot を作成する必要があります。
ステップ 7: ベーシックな MetaBot の動作を確認
このタスクで作成した MetaBot を実行して、正常に動作することを確認します。
フィードバックを送る