Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

シンプルな DLL の作成

  • 更新済み: 5/09/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • Enterprise

シンプルな DLL の作成

このタスクでは、高度な Bot の構築に使用するシンプルなダイナミック リンク ライブラリ (DLL) を作成します。

前提条件

次の要件が完了していることを確認してください。

  • プログラミングの基本的な理解と経験
  • C# をサポートする DLL としてのコード例を開発するための統合開発環境 (IDE) へのアクセス。

    IDE の例: Microsoft Visual Studio Community Edition

  • Automation Anywhere Enterprise Client にアクセスする
  • Bot Creator 権限
  • Automation Anywhere RPA プラットフォームの十分な理解 (TaskBotMetaBot、これらの機能に関する基本的な理解を含む)。
    ヒント: このトピックをレビューし、 Bot を構築する方法を理解します: Enterprise Client を使用した基本的な Bot の構築

このタスクの例は、Microsoft Visual Studio Community Edition に基づいています。

手順

  1. C# で新しいプロジェクトを作成します。
    Microsoft Visual Studio で、次の名前のプロジェクトおよびソリューションを作成します。
    1. プロジェクト名: MyApp4Lib
    2. ソリューション名: MyApp4MetaBot
    プロジェクトソリューションの一部です。このため、他のプロジェクトをソリューションに柔軟に追加できます。次のコードでは「MyApp4Lib」が名前空間になります。C# の名前空間はプログラムを整理するために使用します。
  2. 「VisibleBotMethods」と呼ばれるパブリッククラスを作成します。
    Bot 用に DLL で作成したメソッドは、REST の呼び出し、他の DLL との統合、データベース SQL の呼び出しなどのタスクを実行できます。以下は、基本的なコード例です。
  3. 次のコードをコピーして、プロジェクトに貼り付けます。
    using System;
    using System.Collections.Generic;
    using System.Linq;
    using System.Text;
    using System.Threading.Tasks;
    
    namespace MyApp4Lib
    {
        public class VisibleBotMethods
        {
            public String SayHiTo(String Name)
            {
                String MyMessage = "Hi There, " + Name;
                return MyMessage;
            }
    
            public String SayByeTo(String Name)
            {
                String MyMessage = "Goodbye " + Name;
                return MyMessage;
            }
        }
    }
    

    このコードの例では、VisibleBotMethods クラスに 2 つのメソッドがあります。どちらのメソッドも文字列名を受け取り、別の文字列を返します。1 つのメソッドは「Hi there」と名前を含む文字列を返します。別のメソッドは「Goodbye」を返します。

  4. コードをコンパイルして DLL を作成します。
    重要: DLL 「MyApp4Lib.dll」に名前を付けます。このタスクで作成された DLL は、基本的な MetaBot の作成 のタスクで使用されます。

次のステップ

このタスクで作成した DLL をMetaBot に追加します: ベーシックな MetaBot に ロジック とローカル変数を追加
フィードバックを送る