Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

デジタルワーカー の計画

  • 更新済み: 5/05/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • Enterprise

デジタルワーカー の計画

次のリストを参考にして、デジタルワーカー の特徴と機能を計画します。

デジタルワーカー を計画するには、担当者が定期的に実行している業務のうち、反復的で自動化できるアクティビティが含まれているものを検討します。

この業務を実行するために、どのようなスキルと経験が担当者に必要とされるかを検討します。ここで定義するユースケースは、デジタルワーカーを生み出す機会となります。

このデジタルワーカーが実施する業務の概要と、この業務の自動化できるユースケースを準備します。

  • デジタルワーカー が実行するさまざまなステップ、イベント、およびタスクをリストし、スクリーンショットまたはフロー図を使用します。
  • 業務の実施に伴うトリガー イベントと意思決定、自動化できる内容、および人工知能 (AI) で学習できる内容を特定します。
  • 典型的なユースケースに対するバリエーションの可能性を検討します。自動化できるバリエーション、またはユースケースで デジタルワーカー が実施できる内容に対する制限を特定します。
  • ユースケースで使用およびアクセスするシステムを特定します。

実施する業務の詳細を厳密に検討したら、この業務および デジタルワーカー (以下のスキルを持つ人事新人研修スペシャリストなど) に一般的に関連するスキルと職務内容をリストアップします。

  • プロフィール情報を人事システムに入力する
  • ウェルカム パケットおよび福利厚生情報を配布する
  • 新入社員の法的文書のコレクションを管理する

デジタルワーカー の利点を検討します。この職務で デジタルワーカー が実施する業務内容および、これと人間の担当者やビジネス全体との関連性を評価します。定量的データと定性的データに基づいて利点を定義します。この場合に使用する質問の例は以下のとおりです。

  • デジタル ワーカーは、人間の担当者から反復的で (おそらくは) ありふれている業務の妥当なパーセンテージを肩代わりするか?
  • デジタルワーカー により、どれくらいの時間、労力、リソースが節約されるか?
  • デジタルワーカー に反復作業を肩代わりさせた場合、担当者の士気は向上するか?

チェックリストと Readme テンプレートの使用」では、すべてのフォルダー構造が定義された Bot Store 標準に従って、テンプレートを使用して構築する方法について説明します。

フィードバックを送る