Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

命名規則

  • 更新済み: 5/05/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

命名規則

デジタルワーカー に付ける名前は、実行するビジネス機能を反映する必要があります。

名前は「Digital」で始め、短くて正確なもの (3 - 4 語) にします (例: Digital Employee Onboarding Specialist)。

TaskBot には、それが実行する機能を示すわかりやすい名前が必要です。Bot Store に送信する場合、Master Bot にはプレフィックスとして 00 を付け、各 TaskBot にはプレフィックスとして 01、02、03 などを付けます。次に例を示します。

  • 00-Master Bot.atmx
  • 01-Create Offer Letter.atmx
  • 02-Generate Electronic Envelope.atmx
  • 03-Send Email.atmx
  • 04-Monitor status.atmx

MetaBot ロジックを使用する場合は、TaskBot ごとに対応する MetaBot ファイルが必要です。MetaBot の名前は、それが提供する機能を反映するように定義します。次に例を示します。

  • Envelope Creation.mbot
  • Envelope Status.mbot

ReadMe ファイル」では、デジタルワーカーに必要な付属ドキュメントについて説明します。

フィードバックを送る