Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

高度な MetaBot の概要およびベスト プラクティス

  • 更新済み: 5/09/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • Enterprise

高度な MetaBot の概要およびベスト プラクティス

このタスクでは、外部ライブラリと REST API で操作を実行するために、2 つの DLL を MetaBot に統合し、ロジックを開発します。

MetaBot を使用する理由は?

  • オートメーション ロジック を使用したアプリケーション、DLL、コマンドの再利用性の高い独立したオートメーション設計図を作成します。
  • MetaBot ライブラリを利用して組織全体の自動化を迅速に標準化します。
  • 体系的で迅速な自動化による投資収益率 (ROI) を確保します。
  • 複雑なオートメーション タスクによくあるナビゲーション エラーが解消されます。
  • ライブ アプリケーションへのアクセスを必要とせずに自動化します。
  • MetaBot で使用される新しいバージョンのアプリケーションを調整して互換性を確保できます。

MetaBot 用の DLL を開発するためのベスト プラクティス

  • DLL を MetaBot 内に統合する前に、統合開発環境 (IDE) で DLL のコードをテストします。
  • IDE でコードをデバッグする方が、Automation Anywhere Enterprise Client でデバッグするよりもはるかに迅速です。
フィードバックを送る