Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot を構築して、CSV ファイルからデータをダウンロードおよび抽出します。

  • 更新済み: 4/17/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • Enterprise

Bot を構築して、CSV ファイルからデータをダウンロードおよび抽出します。

Bot を構築して、CSV ファイルからデータをダウンロードおよび抽出し、データを使用して Web フォームに入力します。

前提条件

手順

  1. Enterprise Client にログインします。
  2. [新規] をクリックします。
  3. 自動化 ウィンドウで、[ワークベンチ] をクリックします。
  4. 変数マネージャーを開き、[追加]をクリックして[新規変数を作成]し、次の変数を追加します。[保存] をクリックして、新しい各変数を保存します。[はい] をクリックして NULL 値を変数に割り当てます。
    1. vVendorName
    2. vVendorID
    3. vPrimaryContact
    4. vStreetAddress
    5. vCity
    6. vState
    7. vZip
    8. vEmail
    9. vActiveDiscount
    10. vNDA
  5. コマンド タブから、プログラム/ファイルを開くコマンドを選択してアクション リストにドラッグ アンド ドロップします。プログラム/ファイルを開く ウィンドウで、次のステップを実行します。
    1. ステップ 1: プログラム/ファイル パス: Google Chrome 実行可能ファイルを参照して選択します。マシンのファイル位置を探すには、次のパスを検索します。C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application. Application フォルダーで、chrome.exe を選択します。
    2. ステップ 2: パスで開始: このステップはスキップできます。
    3. ステップ 3: パラメーター : Automation Anywhere CSV ページの URL を入力します。 https://www.automationanywhere.com/automationanywherelabs/intro-to-csv.html
    4. [保存] をクリックします。
  6. [保存] をクリックして、ご使用の BotTutorial3_WorkiSV.atmx として保存します。
  7. [実行] をクリックしてをテストします。
  8. コマンド タブから、オブジェクト クローニングコマンドを選択してアクション リストにドラッグ アンド ドロップします。ウィンドウで、Automation Anywhere ラボ - CSV - Google Chrome を選択します。ターゲット ブラウザ セッションが自分のウィンドウで開いていることを確認します。
    1. オブジェクト クローニング ウィンドウが開いた状態で、[キャプチャ] ボタンをクリックして長押しします。マウスの左ボタンを押したまま、赤い境界線が点滅するまで CSV ページで CSV をダウンロードをハイライト表示します。ボタンを放します。
    2. 実行するアクション ドロップダウン メニューから、左クリック を選択します。
    3. [保存] をクリックします。
  9. コマンド タブから Excel の基本操作 リストを展開 (+) してアクション リストにスプレッドシートを開くコマンドをドラッグします。
    1. スプレッドシートを開くウィンドウのスプレッドシートのパスで、CSV ファイルへのパスを入力します。マシンのファイル位置を探すには、次のパスを検索します。C:\Users\<your user name>\Downloads\MissingVendor.csv.
    2. [保存] をクリックします。
  10. コマンド タブから Excel の基本操作 リストを展開 (+) してアクション リストにスプレッドシートを開くコマンドをドラッグします。
    1. Excel コマンド ウィンドウで、セルを取得を選択し、特定のセルオプションを選択します。特定のセルフィールドに A2 を入力します。値を変数に割り当てるドロップダウン リストで、vVendorName を選択します。
    2. 保存 をクリックします。Excel スプレッドシートマッピングから、以前に作成した変数に残りの値を抽出するプロセスを繰り返します。
    3. vVendorID: B2 を入力します。
    4. vPrimaryContact: C2 を入力します。
    5. vStreetAddress: D2 を入力します。
    6. vCity: E2 を入力します。
    7. vState: F2 を入力します。
    8. vZip: G2 を入力します。
    9. vEmail: H2 を入力します。
    10. vActiveDiscount: I2 を入力します。
    11. vNDA: J2 を入力します。
  11. オブジェクト クローニング ウィンドウで、Automation Anywhere ラボ - CSV - Google Chrome を選択します。
    1. オブジェクト クローニング ウィンドウが開いた状態で、[キャプチャ] ボタンをクリックして長押しします。マウスの左ボタンを押したまま、赤い境界線が点滅するまで CSV ページで ベンダー名をハイライト表示します。ボタンを放します。
    2. 実行するアクションを選択ドロップダウン メニューから、テキストの設定を選択します。
    3. 設定するテキストフィールドで、[F2] を押して 変数を挿入ウィンドウを開き、vVendorName を選択します。
    4. [保存] をクリックします。
  12. ステップ 11 を繰り返して、ベンダー ID、主要な連絡先、住所、都道府県、郵便番号、E メールなど、CSV ページから他のフィールドをキャプチャします。ステップ 11a と 11b を繰り返して、変数を挿入ウィンドウで対応する変数を選択します。
  13. コマンド タブから If/Else コマンドを展開 (+) して一連の If/Else コマンドを開きます。
    1. If/Else [変数] コマンドをクリックして、アクション リストの下部にドラッグします。
    2. [IF 条件] フィールドの横にある [編集] をクリックします。
    3. [変数] フィールドを設定して、[F2] を押して [変数の挿入] ウィンドウから vActiveDiscount を選択します。
    4. 演算子ドロップダウンの値を等しい (=) に設定します。
    5. Fix オプションを選択し、YES を入力します。
    6. [保存] をクリックします。
  14. vActiveDiscount = YES の条件付きステートメント内で、[はい] オプションをクリックする オブジェクト クローニング コマンドを追加します。
  15. コマンドタブから If/Else コマンドを展開 (+) して一連の If/Else コマンドを開きます。
  16. If/Else をクリックして [Else] コマンドをドラッグし、オブジェクト クローニング コマンドの下、[終了] Ifコマンドの前に配置します。
  17. Else コマンドの後、[End If] 行の前に、別の オブジェクト クローニング コマンドを追加して、CSV ページで [いいえ] オプションをクリックします。
  18. コマンド タブから If/Else コマンドを展開 (+) して一連の If/Else コマンドを開きます。
    1. If/Else [変数]コマンドをクリックして、アクション リストにドラッグします。
    2. [IF 条件]フィールドの横にある[編集]をクリックします。
    3. [変数] フィールドを設定して、[F2] を押して [変数の挿入] ウィンドウから vNDA を選択します。
    4. 演算子ドロップダウンの値を等しい (=) に設定します。
    5. Fix オプションを選択し、YES を入力します。
    6. [保存] をクリックします。
  19. vNDA = YES 条件付きステートメント内で、CSV ページで [はい] チェックボックスをクリックする オブジェクト クローニング コマンドを追加します。
  20. vNDA = YES End If ステートメントの後に、CSV ページで [登録] オプションをクリックする オブジェクト クローニング コマンドを追加します。
  21. コマンドタブから Excel コマンドを展開 (+) して一連の Excel コマンドを開きます。
    1. スプレッドシートを閉じるコマンドを追加し、アクション リストの下部に追加します。
    2. [保存] をクリックします。
  22. Bot を保存して、[実行] をクリックします。
フィードバックを送る