Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

モジュラー形式のロジックによる構築

  • 更新済み: 5/09/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • Enterprise

モジュラー形式のロジックによる構築

デジタルワーカー は、顧客がビジネスプロセス オートメーションに含めるデジタルワーカーのコンポーネントを選べるように、モジュラー形式で開発されます。

単一の膨大なコードは参照、編集、更新が困難です。タスクを複数の TaskBotMetaBot に分割します (すべてを単一の TaskBotMetaBot に入れません)。

すべてのオブジェクト指向プログラミングのアプローチと同じように、異なる関数ごとに別個の Bot を作成します。これにより、コードの更新や理解が容易になるだけでなく、ビジネスプロセス オートメーションに含めるコンポーネントを簡単に見分けて選択できるため、再利用が促進されます。

たとえば、以下を行うデジタルワーカーを構築する場合があります。
  • オファー レターを作成する
  • 電子エンベロープを生成する
  • オファー レターを記載した E メールを電子エンベロープで送信する
  • ステータスを監視する
これらを個別のタスク (.atmx ファイル) に分割します。これらのタスクを正しい順序で実行するには、タスクを順番に呼び出す Master Bot を記述します。

エラー処理」では、中断を最小限に抑えてエンドユーザーによるデバッギングを支援するためのエラー処理メカニズムを組み込む方法について説明します。

フィードバックを送る