Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

アセット

  • 更新済み: 5/09/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

アセット

すべてのファイルを含める - デジタルワーカー を実行するには Master BotTaskBotMetaBot が必要です。

次はサンプル リストです。

ファイル 説明
MasterBot.atmx TaskBot を呼び出す Bot
Login.atmx ログインするための TaskBot
Logout.atmx ログアウトするための TaskBot
Processingapp.atmx 処理ロジックを処理する TaskBot
MainLogic.mbot 再利用可能なオートメーション用の MetaBot
GUIScript.dll 共有ライブラリ
Configuration.xls 設定ファイル
Input File.xlsx サンプル入力ファイル
Output File.xlsx サンプル出力ファイル
README.txt Bot の機能、インストール手順、入力/出力パラメータの詳細、再利用可能なコンポーネント、および特別な手順に関する情報を提供する README ファイルが含まれます。

MetaBot を開発している場合は、アセットとロジックを含めます。

MetaBot (.mbot) 説明
MetaBot アセットとロジックを含める必要があります
アセット スクリーンおよび DLL
ナビゲーション フロー 必要に応じてオートメーション タスクに統合できるロジック
変数 変数操作を使用できることを確認し、ハード コードを回避します

デジタルワーカー パッケージング」では、デジタルワーカー の送信時に含める内容について説明します。

フィードバックを送る