Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ベーシックな MetaBot の組み立て

  • 更新済み: 4/17/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • Enterprise

ベーシックな MetaBot の組み立て

MetaBot のロジック、変数、その他のコンポーネントをすべて作成したら、これらを組み立てて、機能する MetaBot を作成する必要があります。

前提条件

このタスクを行う前に、高度な MetaBot で変数を管理 のタスクを正常に完了する必要があります。

次のアクセス権と権限を持っていることを確認します。

手順

  1. ベーシックな MetaBot に ロジック とローカル変数を追加 で作成したロジックを開きます。
  2. ワークベンチ[コマンド] タブから、[変数操作] コマンドをドラッグし、「'SayHiTo' を実行」タスクにドロップします。
  3. [変数を指定] で、[MyInputName] を選択します。
  4. [変数操作] ダイアログで、[値を指定] フィールドをクリックします。
  5. F2 キーを押して [変数を挿入] ダイアログを開きます。
  6. [MyInputName] を選択して [挿入] をクリックします。
  7. [保存] をクリックします。
  8. [変数操作] をタスクの上部に移動します。
  9. [メッセージ ボックス] コマンドを [アクション リスト] にドラッグ アンド ドロップします。
  10. [ユーザーに表示するメッセージを入力] フィールドをクリックします。
  11. F2 キーを押して [変数を挿入] ダイアログを開きます。
  12. [MyMessage] を選択して [挿入] をクリックします。
  13. [メッセージ ボックス] ダイアログ ウィンドウで [保存] をクリックします。
  14. ワークベンチ[保存] をクリックします。

次のステップ

MetaBot が正常に動作することを確認するには、ベーシックな MetaBot の動作を確認 をご覧ください。
フィードバックを送る