Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

MetaBot に DLL を追加

  • 更新済み: 5/09/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • Enterprise

MetaBot に DLL を追加

単一の DLL を MetaBot に追加して、動的入出力を有効にします。

前提条件

基本的な MetaBot が作成されていることを確認します: 基本的な MetaBot の作成

次のアクセス権と権限を持っていることを確認します。

このタスクは、MetaBot タブ上の Automation Anywhere Enterprise Client で開始します。

手順

  1. Enterprise Client で、[マイ MetaBot リスト] から MyApp4MetaBot.mbot を開きます。
  2. [MetaBot デザイナー] ウィンドウで、[アセット] タブを開きます。
  3. MetaBot Designer のツール メニューで [DLL を追加] をクリックします。
    これは、以前に作成した DLL です。
  4. [MyApp4Lib.dll] を特定して選択します。
  5. [開く] をクリックします。
    これで DLL が MetaBot[アセット] タブに追加されます。

次のステップ

MetaBotロジック を追加して、DLL とコマンドの相互作用を処理します: ベーシックな MetaBot に ロジック とローカル変数を追加
フィードバックを送る